シラバス参照

科目名 総合環境特論2 
科目名(英字) Special Studies Ⅱ for Comprehensive Environment 
担当者氏名

張 昇平

小池 聡

対象研究科・専攻 都市情報学研究科都市情報学専攻修士課程 
学期 後期 
単位数



準備学習・事後学習
毎回の授業内容を事前に調べまとめること。
次回の授業までに,関連文献に目を通し,専門用語の意味などを理解しておくこと。特に学外演習については,実施要領等をよく読み,現地に関する情報を自主的に収集・整理しておくこと。毎回、講義時間の2倍の自学自習をすること。レポートについては,講義内にて講評、または随時,個別の講評,指導を行う。 
授業の概要と目的
本科目はカリキュラムポリシーの1、およびディプロマポリシー1に該当し、ディプロマポリシー2にも関連する。
今日の地域計画においては,景観を含めた総合的環境と人間活動との調和的な関係をいかに築いていくかが,重要な課題となっている。この授業の前半では,そうしたエコロジカルな地域づくりに関する基礎的諸概念及び手法を学ぶ。特に,市民参加の重要性について実践的な理解を得るため,近隣地域で展開している総合的環境形成の取り組み事例を取り上げて,そこでのフィールドワークを適宜行う。
後半は、都市水環境プランナーとしての必要な基礎知識を習得せしめることを目的に、都市水環境の構成要素、計測方法および都市環境整備対策等について解説するとともに、これらの知識をもとに、都市生活者のための都市水環境および都市防災のあり方と創出方法について、計画論的アプローチにより論じる。
(キーワード:農村計画 生態環境 ,環境評価 環境改善対策 環境計画) 
到達目標
現場の実践者との専門的な話し合いができること。
都市水環境計画の基本理念、必要な解析理論及び計画手法を修得せしめること。 
授業内容
番号 【項目欄】 【内容欄】
1. 人間生態学の基礎
担当:小池 聡 
3つの生態系,農業生態系としての「里山」,アメニティの概念と都市生態系  
2. 現代社会を読み解く
担当:小池 聡 
ポストモダンにおけるライフスタイルの変容,「農」をめぐる新たな動き,情報化社会における新たな公共空間と地域づくりの担い手の生成,社会的ネットワークの機能と構造 
3. 混住化とラーバンコミュニティ
担当:小池 聡 
地域社会学における「コミュニティ」の捉え方,岐阜県可児市における田園文化都市構想,滋賀県守山市での調査 
4. 田園都市論
担当:小池 聡 
田園都市理念の日本における展開,「農」のあるまちづくり,条例に基づく集落土地利用協定 
5. 里山の環境社会学
担当:小池 聡 
里山環境の地域共同管理,里山をめぐる関係主体の状況 
6. 里山環境の調査
担当:小池 聡 
可児市「我田の森」および元久々利周辺での学外演習 
7. 「里山システム」の再構築
担当:小池 聡 
5.と6.の授業に基づく検討,ビオトープネットワーク,パートナーシップ,多自然居住地域の概念,地域マネジメントシステム 
8. 都市水環境システムの構成
担当:張 昇平 
都市水環境システムの基本構成を説明し、その現状と課題について具体的な事例を通して見ていく。 
9. 水環境の評価
担当:張 昇平 
都市水環境を物理化学的指標、生物学生態学的指標および経済学社会学的指標を用いて総合的に評価するための方法論について解説し、それらを応用する際の注意事項を説明する。 
10. 水質環境基準
担当:張 昇平 
水質環境基準の内容、役割と限界について現状を踏まえて講述し、より効果的な環境管理目標のあり方について考える。 
11. 水質汚染の種類と発生メカニズム
担当:張 昇平 
水質汚染を分類し、各種水質汚染の発生メカニズムについて解説するとともに、そのメカニズムを定量的に評価するための方法論について探求する。 
12. 汚染物質の発生と流出
担当:張 昇平 
汚染物質の発生流出過程を追跡し、それらを定量化するための方法論について解説する。 
13. 水質解析モデル
担当:張 昇平 
水質解析モデルの一般的構成について考えるとともに、モデル化の方法論、モデル解析手法および最近の動向について紹介する。 
14. 水質改善対策
担当:張 昇平 
公共用水域の水質改善対策として一般的に考えられているものについて紹介し、評価・選択基準を説明するとともに水質改善計画の作成方法を説明する。 
15. 方法論としての都市水環境計画
担当:張 昇平 
都市水環境計画を工学的な枠組みに閉じ込めるのではなく、公共社会政策として扱う場合に政策選択基準、計画方法について考える。 
授業形態・方法
講義および論文、関連文献を用いて討論、学外演習(フィールドワーク) 
成績評価方法及び評価基準
前半7回の内容に関しては、学外演習レポート(100%)、後半8回の内容に関しては、授業への参加状況(30%)、討論への参加(40%)、レポート(30%) により総合的に評価する。 
その他(履修条件・関連科目など)
テキストは使用しない。参考資料文献等は,授業の中で適宜配布または指示する。 
テキスト
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
参考資料文献等
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
2. 適宜配布または指示する     
参考URL
1. 特になし   
画像
ファイル
更新日付 2020/03/13 10:46


PAGE TOP