シラバス参照

科目名 臨床薬学研修 
科目名(英字) Advanced Clinical Pharmacy Clerkship 
担当者氏名

長谷川 洋一

対象研究科・専攻 薬学研究科薬学専攻博士課程(4年制) 
学期 集中 
単位数



準備学習・事後学習
6年制課程において学んだ実務実習内容を踏まえ、卒業研究がどのように医療に役立つか、また関連づけることができるか整理しておいてください。 
授業の概要と目的
臨床現場において指導者として活躍できる専門性の高い臨床薬剤師を育成するために、臨床研修を通じて知識、技能を習得し、また医療倫理観を育む。薬物療法を介して医療チームで活躍できる臨床薬学のスペシャリストを養成するために、6か月間、連携施設(薬局も含む)などで多職種協働を意識した臨床研修を行う。これらの臨床研修において、臨床薬学のスペシャリストとしての専門的な知識、技能、態度を修得する。本授業はCP①、③およびDP①に該当する 
到達目標
①必要な患者情報を抽出し、整理・管理して活用できる。 ②個々の患者に対して適正な薬物療法とそのモニタリング計画が提案できる。 ③医療チームの一員として薬物療法に関する情報を他の職種に提供し、薬物療法におけるベネフィット・リスクを客観的に評価できる。 ④薬物療法における問題点を抽出し、薬学的手法を活用して解決できる。 ⑤医薬品情報に基づき患者に適正な薬剤管理指導ができる。 
授業内容
番号 【項目欄】 【内容欄】
1. 薬剤師一般業務研修(選択)  患者情報をもとに、薬剤師一般業務(調剤、製剤、DI等)を通じ、体系的な情報管理を実践する。 
2. 他の職種との研修(選択)  チーム医療の一員として、カンファランスへ参加し、他の職種と連携を図りファーマシューティカルケアを実践する。また、個々の患者の薬物療法における臨床判断に欠かせない検査結果を科学的に捉え、薬物モニタリング計画を提案する。 
3. 診療科での薬剤管理指導業務研修(適宜)  医師、看護師など他職種との連携を図りながら、医薬品情報に基づく適正な情報提供、薬剤管理指導業務について実践する。 
4. 担当患者に関する症例検討会(期間1回)  薬剤管理指導業務を通じた個々の患者の問題点を挙げ、エビデンスに基づく解決策を提案し、患者のベネフィット・リスクの評価を実践し、症例報告をSOAP形式にて発表。 
授業形態・方法
実地研修(集中) 
成績評価方法及び評価基準
1. レポート(月報、総括)
2. 出欠確認
3. 症例報告(期間中にかかわった症例についての薬学的視点からの考察・プラン等を含めた報告・発表)
上記、1.~3.についての取組姿勢及び研修内容の理解度などに基づいて、施設の指導薬剤師からの概略評価を考慮し、総合的に評価(多段階)する。
なお、課題等へのフィードバックは、随時行う。 
その他(履修条件・関連科目など)
【履修条件】研修期間・研修場所等については、研究指導教員と相談
【関連科目】海外臨床研修

なお、薬剤師免許取得者以外は履修できません。 
テキスト
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 指定しない。     
参考資料文献等
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 指定しない。     
参考URL
画像
ファイル
更新日付 2020/01/27 12:51


PAGE TOP