シラバス参照

科目名 材料・構造工学特別演習・実験1B 
科目名(英字) Advanced Seminar and Experiments in Materials and Structure Engineering ⅠB 
担当者氏名

菅 章紀

対象研究科・専攻 理工学研究科交通機械工学専攻修士課程 
学期 後期 
単位数



準備学習・事後学習
演習・実験内容をより良く理解するために、事前に配布プリントや関連資料を読み、学習すること。受講後は、演習や実習の内容の整理し、復習を行うこと。
毎回、演習・実験の半分の自学自習が求められます。 
授業の概要と目的
本特別演習・実験では、同特別演習に示したようなエレクトロセラミックスを中心として、その材料の合成方法、物性評価方法および解析方法について学ぶ。本特別演習・実験を行う際に必要とされる材料の合成方法、加工方法、各特性の測定方法や原理、解析の原理・特徴などについては、関連した論文などの事例から習得し、実験で実践する。なお、下記に示す授業内容は主な研究課題を示しており、その中で各自の研究の中心となる課題において重点的に授業を進める。
本授業はDP2およびCP3.4に該当する。 
到達目標
修士論文に必要とされる合成方法、物性評価方法、解析方法の原理を理解し、それらを用いて成果を説明することができる。 
授業内容
番号 【項目欄】 【内容欄】
1. 材料合成-1(バルク)  セラミックスの合成の基本となる固相反応法を学ぶ。 
2. 材料合成-2(バルク)  セラミックスの粒子形状の制御、配向制御について学ぶ。 
3. 材料合成-3(シート成形)  積層化に必要なセラミックのシート成形について学ぶ。 
4. 材料合成-4(薄膜)  スパッタリング法による酸化物薄膜成形について学ぶ。 
5. 材料合成-5(焼成)  セラミックスの焼成方法や雰囲気制御について学ぶ。 
6. 材料合成-6(加工)  物性評価のための材料加工について学ぶ。 
7. 物性評価-1(X線回折)  X線回折の原理を説明し、分析方法について学ぶ。 
8. 物性評価-2(結晶構造解析)  リートベルト解析に必要な結晶科学の基礎と解析方法について学ぶ。 
9. 物性評価-3(微構造観察・元素分析)  電子顕微鏡の原理を理解し、微構造観察および元素分析の手法について学ぶ。 
10. 物性評価-4(ラマン分光)  ラマン分光の原理を理解し、結晶構造の局所構造の解析アプローチについて理解する。 
11. 物性評価-5(NMR)  NMRの原理を理解し、主に固体NMRにて対象元素を中心とした配位状態の評価を行う。 
12. 物性評価-6(誘電体)  誘電体材料の高周波および低周波での測定原理を学び、誘電特性を評価する。 
13. 物性評価-7(圧電体)  強誘電特性の評価原理を理解し、強誘電特性の評価を行う。 
14. 物性評価-8(圧電体)  種々の圧電特性の評価方法を理解し、圧電特性を評価する。 
15. 物性評価-9(燃料電池)  伝導率、輸率測定の原理を理解し、固体電解質の評価を行う。 
授業形態・方法
演習と実験 
成績評価方法及び評価基準
レポート100%で評価する。 
その他(履修条件・関連科目など)
テキスト
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 必要に応じてプリントを配布する     
参考資料文献等
参考URL
画像
ファイル
更新日付 2020/03/02 16:36


PAGE TOP