シラバス参照

科目名 材料・構造工学特別演習・実験1B 
科目名(英字) Advanced Seminar and Experiments in Materials and Structure Engineering ⅠB 
担当者氏名

加鳥 裕明

対象研究科・専攻 理工学研究科交通機械工学専攻修士課程 
学期 後期 
単位数



準備学習・事後学習
構造力学、材料力学に関連する研究テーマを推進するために必要な理工および専門科目に関する知識と有限要素法に関する知識について自ら復習し理解を深めること.
毎回、演習・実験の半分の自学自習が求められます。 
授業の概要と目的
有限要素解析において、より精度の高い計算結果が得られるような要素の導出を進めながら、構造解析学において重要な位置を占める有限要素法について習熟し、当該分野の学識を深める.
本授業はDP2およびCP3.4に該当する. 
到達目標
有限要素法の基礎,コンピュータと数値解析手法を理解すし,より高性能な有限要素の開発と改良ができる. 
授業内容
番号 【項目欄】 【内容欄】
1. 有限要素の応用(1)  塑性変形に関する基礎理論 
2. 有限要素の応用(2)  有限要素法による弾塑性変形の解析 
3. 有限要素の応用(3)  熱伝導に関する基礎理論 
4. 有限要素の応用(4)  有限要素法による熱伝導解析 
5. 有限要素の応用(5)  粘性流体に関する基礎理論と有限要素解析 
6. 有限要素の応用(6)  電磁場に関する基礎理論と有限要素解析 
7. 有限要素の応用(7)  有限要素解の誤差評価 
8. 有限要素の応用(8)  要素改良のための基礎技術 
9. 有限要素の応用(9)  新しい混合変分原理 
10. 有限要素の応用(10)  統一エネルギー原理について 
11. 有限要素の応用(11)  ノードレス有原要素法の概要 
12. 有限要素の応用(12)  ノードレス有原要素法による1次元部材問題 
13. 有限要素の応用(13)  ノードレス有原要素法による2次元問題 
14. 有限要素の応用(14)  ノードレス有原要素法による平板曲げ問題 
15. 有限要素の応用(15)  ノードレス有原要素法による数値実験 
授業形態・方法
講義、演習および研究数値実験 
成績評価方法及び評価基準
プレゼンテーション・レポートおよび論文作成に向けての研究課程を総合的に評価する。その割合は、プレゼンテーション・レポートにて90%、研究の進め方に関して10%とする。 
その他(履修条件・関連科目など)
軽量構造学特論Ⅰ,軽量構造学特論Ⅱ,材料・構造工学特別演習・実験ⅠA 
テキスト
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 適宜指定する     
参考資料文献等
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. The Finite Element Method: Its Basis and Fundamentals  O.C. Zienkiewicz, R.L. Taylor, J.Z. Zhu  ELSEVIER 
2. The Finite Element Method for Solid and Structural Mechanics  O.C. Zienkiewicz, R.L. Taylor, J.Z. Zhu  ELSEVIER 
3. 計算力学とCAE 1 有限要素法  矢川元基・吉村忍共著  培風館 
参考URL
画像
ファイル
更新日付 2020/03/02 16:36


PAGE TOP