シラバス参照

科目名 システム情報通信工学特別演習・実験2A 
科目名(英字) Advanced Seminar and Experiments in System, Information and Communication EngineeringⅡA 
担当者氏名

都竹 愛一郎

対象研究科・専攻 理工学研究科電気電子工学専攻博士前 
学期 前期 
単位数



準備学習・事後学習
以下について演習・実験時間の半分の自学自習を行うこと.

準備学習:システム情報通信工学特別演習・実験1A/1Bで実施した研究内容を復習する.

事後学習:毎回の報告会で指摘された事項について,内容の理解およびその対応の検討を行う. 
授業の概要と目的
本特別演習・実験では,デジタル放送に関する研究テーマを個別に定め,研究活動や報告会および学会発表などを通じて得られた研究成果を,修士論文としてまとめ,修士論文公聴会で発表することを目的とする.

本特別演習・実験2Aは,同特別演習・実験2Bと関係しており,2年次に連続履修することで完結する.
本授業はDP2.3およびCP2.3に該当する. 
到達目標
修士論文に必要となる知識と技術を修得し,研究課題に対する解決手法を提案および実現でき,研究成果を論理的に発表できる. 
授業内容
番号 【項目欄】 【内容欄】
1. 研究課題の確認  これまでに明らかになった研究課題を確認し,現状の課題をまとめる. 
2. 課題に対する提案(1)  研究課題に対する解決方法を考案する. 
3. 研究計画の立案  今後の研究計画を立案する. 
4. 課題に対する提案(2)  研究課題に対する解決方法の詳細を検討する. 
5. 関連研究の調査  研究課題に関連する文献を調査し,文献リストを更新する. 
6. 提案手法の実装準備(1)  提案手法の実装方法を検討する. 
7. 提案手法の実装準備(2)  提案手法の実装に必要な開発・評価環境および実験機器の確認と整備を行う. 
8. 提案手法の実装準備(3)  提案手法の実装内容の詳細を検討する. 
9. 提案手法の実装  提案手法を実装する. 
10. 提案手法の検証  提案手法の実装内容・動作を検証する. 
11. 提案手法の評価(1)  提案手法の実験・評価方法を検討する. 
12. 提案手法の評価(2)  提案手法の実験・評価を行う. 
13. 提案手法の考察  提案手法の実験・評価結果について考察を行う. 
14. 提案手法の整理  提案手法と結果を整理し,学会投稿論文としてまとめる準備を行う. 
15. 総括  研究の進捗状況を振り返り,修士論文に向けて取り組むべき事項を整理する. 
授業形態・方法
研究およびゼミナール形式による報告会 
成績評価方法及び評価基準
レポート(研究報告書,学会投稿論文などを含む)50%,プレゼンテーション(研究進捗発表,学会発表などを含む)50% 
その他(履修条件・関連科目など)
関連科目:情報通信工学特論A・B,システム情報通信工学特別演習・実験1A/1B/2B 
テキスト
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
参考資料文献等
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 必要に応じて提示     
参考URL
画像
ファイル
更新日付 2020/07/03 11:04


PAGE TOP