シラバス参照

科目名 電子物性デバイス工学特別演習・実験1B 
科目名(英字) Advanced Seminar and Experiments in Electronic Materials and Device EngineeringⅠB 
担当者氏名

児玉 哲司

対象研究科・専攻 理工学研究科電気電子工学専攻博士前 
学期 後期 
単位数



準備学習・事後学習
準備学習:テキストを事前に読んでおくこと.

事後学習:課題のレポートを作成し,提出すること.

毎回、演習・実験の半分の自学実習が求められます。 
授業の概要と目的
「電子波の性質とその応用」を大きなテーマとして,これに必要とされる電子顕微鏡技術,ディジタル信号処理技術についての実験と解析を行う.修士論文のために必要な思考力・判断力・表現力を身に付けることを目的としている.
本授業はDP2.3およびCP2.3に該当する. 
到達目標
電子顕微鏡技術,ディジタル信号処理技術を活用して,社会での問題を発見し,解決するための自立した研究者・技術者として必要な思考力・判断力・表現力等を身につける.また,国際的に活躍し得る,英語を含むコミュニケーション力を身につける. 
授業内容
番号 【項目欄】 【内容欄】
1. 序論1  研究環境の安全への配慮 
2. 序論2  電子顕微鏡技術 
3. 序論3  ディジタル信号処理技術 
4. 透過電子顕微鏡1  透過電子顕微鏡の構造とその操作法 
5. 透過電子顕微鏡2  実験 
6. 透過電子顕微鏡3  実験 
7. 透過電子顕微鏡4  実験結果の解析 
8. 卓上顕微鏡1  卓上顕微鏡の構造とその操作法 
9. 卓上顕微鏡2  実験 
10. 卓上顕微鏡3  実験結果の解析 
11. 走査電子顕微鏡1  走査電子顕微鏡の構造とその操作法 
12. 走査電子顕微鏡2  実験 
13. 走査電子顕微鏡3  実験 
14. 走査電子顕微鏡4  実験結果の解析 
15. 総括  討論 
授業形態・方法
講義と実験 
成績評価方法及び評価基準
レポート100% 
その他(履修条件・関連科目など)
テキスト
参考資料文献等
参考URL
画像
ファイル
更新日付 2020/03/02 16:28


PAGE TOP