シラバス参照

科目名 確率及び量子情報論講究1A 
科目名(英字) Seminar in Theory of Probability and Quantum Information ⅠA 
担当者氏名

齊藤 公明

対象研究科・専攻 理工学研究科数学専攻博士前期課程 
学期 前期 
単位数



準備学習・事後学習
確率統計分野を中心に,学部時に学ぶ数学全般について整理・復習しておくこと.専修教員免許取得を希望する場合は,中高の教科内容について再確認しておくこと.講究前の予習には十分な時間をかけ,講究後は積極的に疑問点の解決を図ること.少なくとも準備学習には1時間以上、事後学習には2時間以上かけるのが望ましい. 課題については授業内に解説する. 
授業の概要と目的
次の分野から、興味のあるものを選び、その基礎となる理論を学ぶ。



(1)確率解析,無限次元確率解析 (2)汎関数微分方程式と無限次元確率過程の構成 (3)p進体上の確率解析,量子確率解析 (4)量子情報論,量子計算論 (5)確率場と変分法 (6)数理ファイナンス,統計数学 他 (7)数論的確率論 (8)エルゴード理論(9)計算機数学及び数論との関連







自立的に研究していくための力を培うとともに,確率及び量子情報論講究2への円滑な接続を目指す.高度な教科指導や教材作成を行う能力を養う.

本授業はCP2およびDP2に該当する。 
到達目標
選択した研究分野や関連する分野の基礎理論を習得する。指導的立場の中高教員に相応しい資質を身に付ける. 
授業内容
番号 【項目欄】 【内容欄】
1. 研究方針の決定  選択した分野を概観し、これから学ぶ基礎理論の位置付けを確認し、研究方針を決定する。 
2. 基礎理論の学習(1)  専門書、文献等により基礎理論の学習を中心にセミナー形式で基本事項を習得する。 
3. 基礎理論の学習(2)  専門書、文献等により基礎理論の学習を中心にセミナー形式で基本事項を習得する。 
4. 基礎理論の学習(3)  専門書、文献等により基礎理論の学習を中心にセミナー形式で基本事項を習得する。 
5. 基礎理論の学習(4)  専門書、文献等により基礎理論の学習を中心にセミナー形式で基本事項を習得する。 
6. 基礎理論の学習(5)  専門書、文献等により基礎理論の学習を中心にセミナー形式で基本事項を習得する。 
7. 基礎理論の応用(1)  専門書、文献等により基礎理論の応用を中心にセミナー形式で基本事項を習得する。 
8. 基礎理論の応用(2)  専門書、文献等により基礎理論の応用を中心にセミナー形式で基本事項を習得する。 
9. 基礎理論の応用(3)  専門書、文献等により基礎理論の応用を中心にセミナー形式で基本事項を習得する。 
10. 基礎理論の応用(4)  専門書、文献等により基礎理論の応用を中心にセミナー形式で基本事項を習得する。 
11. 基礎理論の応用(5)  専門書、文献等により基礎理論の応用を中心にセミナー形式で基本事項を習得する。 
12. 研究テーマの決定(1)  研究テーマをいくつかに絞る。 
13. 研究テーマの決定(2)  前講で絞ったテーマについてプレゼンテーションを行う。 
14. 研究テーマの決定(3)  前講でプレゼンテーションしたテーマから、研究テーマを絞る。 
15. 総括  講究内容をまとめる。 
授業形態・方法
講義とゼミナール形式の併用 
成績評価方法及び評価基準
レポート50%およびプレゼンテーション50%による総合評価 
その他(履修条件・関連科目など)
確率及び量子情報論特論Ⅰ, Ⅱ 
テキスト
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
参考資料文献等
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. Infinite Dimensional Analysis     
2. Quantum Probability and Related Topics;     
3. Journal of Functional Analysis;     
4. Stochastic Analysis and Applications;     
5. Communications on Stochastic Analysis     
参考URL
画像
ファイル
更新日付 2020/07/03 11:02


PAGE TOP