シラバス参照

科目名 幾何学講究1B 
科目名(英字) Seminar in Geometry ⅠB 
担当者氏名

橋本 英哉

対象研究科・専攻 理工学研究科数学専攻博士前期課程 
学期 後期 
単位数



準備学習・事後学習
幾何学を学ぶためには学部levelの「微分幾何学」に精通しておく必要がある.



特に,線形代数学,微分積分学,リーマン幾何学に関する基礎理論は必須である.



専修免許取得を志望する者は,中高の教科の内容特に平面幾何学と現代の幾何学との関連について再確認しておくこと.

毎回、講究と同じ時間数の自学自習が求められます。 
授業の概要と目的
本講究は専修免許の教科に関する科目であり,



次の目的を持つと同時に幾何学講究2Aへ円滑な学習の接続を目指す.



1.教科(数学)の指導的な立場に立つ中高校教員として資質を養う.



2.特に教科(数学)の質の高い教材を縦横に作成できる能力を身に付ける.



3.本講究で学習する理論において具体例を用いて一般論の深い理論構成の実態を身に付ける.



4.高度に専門的な内容を学びつつ,それと中学高校の学習内容との結び付きを常に意識することにより,深い洞察力と高い立場から中高教育を推進できる能力を身に付ける.



5.次のテーマから、興味のあるものを選んでもらい、その基礎となる理論と研究方法を学ぶ。



(1)主束の理論と特性類 (2)moving frame methodによる幾何構造の理論

本授業はCP2およびDP2に該当する。 
到達目標
選択した研究テーマの基礎理論の習得、研究課題に関連する基礎理論を解説し、研究方法を身に付ける。 
授業内容
番号 【項目欄】 【内容欄】
1. 論文輪講4  関連する問題を扱った論文の輪読4 
2. 論文輪講の研究1  関連論文の輪読と未解決問題の検討1 
3. 論文輪講の研究 2  関連論文の輪読と未解決問題の検討 2 
4. 研究テーマ1  研究テーマの選定1 
5. 研究テーマ 2  研究テーマの選定 2 
6. 研究テーマ 3  研究計画の検討1 
7. 研究テーマ 4  研究計画の検討2 
8. 論文作成準備1  研究課題と研究方法の整理1 
9. 論文作成準備 2  研究課題と研究方法の整理2 
10. 論文作成準備 3  修士論文の構成の検討1 
11. 論文作成準備 4  修士論文の構成の検討2 
12. 論文作成1  修士論文の執筆と推敲1 
13. 論文作成 2  修士論文の執筆と推敲2 
14. 研究成果の発表1  関連する問題を扱った論文の輪読2 
15. 研究成果の発表2  関連する問題を扱った論文の輪読3 
授業形態・方法
講義およびゼミナール形式を併用 
成績評価方法及び評価基準
レポート50%およびプレゼンテーション50%による総合評価 
その他(履修条件・関連科目など)
解析幾何学特論Ⅰ、Ⅱ 
テキスト
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
参考資料文献等
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. Journal of Differential Geometry     
2. Differential geometry and its application     
参考URL
画像
ファイル
更新日付 2020/03/11 10:53


PAGE TOP