シラバス参照

科目名 理論経済・経済史研究指導(1年次) 
科目名(英字) Research Guidance in Economic Theory and Economic History 
担当者氏名

勝浦 正樹

対象研究科・専攻 経済学研究科経済学専攻修士課程 
学期 通年 
単位数



準備学習・事後学習
準備学習として,次回の授業における文献の輪読や報告等の準備に3時間取り組むこと.事後学習として,授業で定時した課題に2時間取り組むこと.授業期間中に行われた課題については,授業内において,継続的な解説を行う.論文については,各自に対して講評を行う. 
授業の概要と目的
経済分析において応用可能な統計的手法について学習し,その方法を適切に応用し,結果を解釈する力を身につける. 
到達目標
実証研究に必要な統計的方法の理論と実際を習得し,論文を完成させる. 
授業内容
番号 【項目欄】 【内容欄】
1. イントロダクション  受講者の研究テーマを提示してもらい,今後の計画を立てる. 
2. 研究に必要な基礎知識に関する文献の輪読  各自のテーマを研究するために必要な基礎知識に関する文献について,報告してもらう. 
3. 研究に必要な基礎知識に関する文献の輪読  各自のテーマを研究するために必要な基礎知識に関する文献について,報告してもらう. 
4. 研究に必要な基礎知識に関する文献の輪読  各自のテーマを研究するために必要な基礎知識に関する文献について,報告してもらう. 
5. 研究に必要な基礎知識に関する文献の輪読  各自のテーマを研究するために必要な基礎知識に関する文献について,報告してもらう. 
6. 研究に必要な基礎知識に関する文献の輪読  各自のテーマを研究するために必要な基礎知識に関する文献について,報告してもらう. 
7. 研究に必要な基礎知識に関する文献の輪読  各自のテーマを研究するために必要な基礎知識に関する文献について,報告してもらう. 
8. 研究に必要な基礎知識に関する文献の輪読  各自のテーマを研究するために必要な基礎知識に関する文献について,報告してもらう. 
9. 文献検索の方法  主に論文の検索の方法やその読み方について,各自のテーマにあわせて議論する. 
10. データ収集の方法と方針  各自の研究テーマに関連するデータについて,その収集方法と方針について議論する. 
11. 研究テーマに関連した実証分析の論文の報告  各自の研究テーマに関連した実証分析に関連する論文について報告してもらう. 
12. 研究テーマに関連した実証分析の論文の報告  各自の研究テーマに関連した実証分析に関連する論文について報告してもらう. 
13. 研究テーマに関連した実証分析の論文の報告  各自の研究テーマに関連した実証分析に関連する論文について報告してもらう. 
14. 研究テーマに関連した実証分析の論文の報告  各自の研究テーマに関連した実証分析に関連する論文について報告してもらう. 
15. 研究テーマに関連した実証分析の論文の報告  各自の研究テーマに関連した実証分析に関連する論文について報告してもらう. 
16. 論文の構成の検討  論文の構成について検討を行う. 
17. 論文に関する実証分析の報告  論文に関して実証分析を行った結果について報告してもらう. 
18. 論文に関する実証分析の報告  論文に関して実証分析を行った結果について報告してもらう. 
19. 論文に関する実証分析の報告  論文に関して実証分析を行った結果について報告してもらう. 
20. 論文に関する実証分析の報告  論文に関して実証分析を行った結果について報告してもらう. 
21. 論文に関する実証分析の報告  論文に関して実証分析を行った結果について報告してもらう. 
22. 論文に関する実証分析の報告  論文に関して実証分析を行った結果について報告してもらう. 
23. 論文の書き方に関する指導  参考文献,脚注,図表の挿入等を含めた論文の書き方に関して指導する. 
24. 論文の内容の再検討  進めてきた実証分析の結果を踏まえて,論文の内容について再検討を行う. 
25. 論文の内容の再検討  進めてきた実証分析の結果を踏まえて,論文の内容について再検討を行う. 
26. 論文の内容の再検討  進めてきた実証分析の結果を踏まえて,論文の内容について再検討を行う. 
27. 論文の内容の再検討  進めてきた実証分析の結果を踏まえて,論文の内容について再検討を行う. 
28. 論文の推敲  論文の下書きの推敲を含めた修正に関して議論する. 
29. 論文の推敲  論文の下書きの推敲を含めた修正に関して議論する. 
30. まとめ  これまでのまとめを行う. 
授業形態・方法
前半は対象とする論文の内容について,報告してもらう.後半は自分のテーマについて研究したことを報告し,それについて議論する. 
成績評価方法及び評価基準
報告(50%)及び論文(50%) 
その他(履修条件・関連科目など)
統計学や計量経済学の基本的な知識を前提とするので,それらの中級レベルの教科書に理解しておくこと.また毎回出される課題を必ずこなしておくこと.関連科目:経済統計学特殊研究 
テキスト
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 受講者の研究テーマによって決定する.     
参考資料文献等
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 必要に応じて紹介する.     
参考URL
画像
ファイル
更新日付 2019/12/25 09:40


PAGE TOP