シラバス参照

科目名 経済政策研究指導(1年次) 
科目名(英字) Research Guidance in Economic Policy 
担当者氏名

斎藤 智美

対象研究科・専攻 経済学研究科経済学専攻修士課程 
学期 通年 
単位数



準備学習・事後学習
事前学習:EU経済,あるいは国際経済学に関する学部レベルの知識を着実に習得しておくこと。関連論文を読み,レジメにまとめておくこと。事後学習:講義で指摘された点を中心に,講義時間の2倍を目安に質疑内容をレポート形式でまとめておくこと。
小テストやレポート等の課題については,授業内で解説,講評を行う。 
授業の概要と目的
基本的文献や研究テーマに対する先行研究を多く読み、研究を進め,論文にまとめる。 
到達目標
修士論文の完成 
授業内容
番号 【項目欄】 【内容欄】
1. ガイダンス  進め方についてのガイダンス 
2. 研究指導(1)  問題関心の整理 
3. 研究指導(2)  研究課題の設定 
4. 研究指導(3)  論文の書き方についての注意 
5. 研究指導(4)  参考文献の収集 
6. 研究指導(5)  先行研究の分析 
7. 研究指導(6)  報告と討論(1) 
8. 研究指導(7)  報告と討論(2) 
9. 研究指導(8)  報告と討論(3) 
10. 研究指導(9)  報告と討論(4) 
11. 研究指導(10)  報告と討論(5) 
12. 研究指導(11)  報告と討論(6) 
13. 研究指導(12)  報告と討論(7) 
14. 研究指導(13)  報告と討論(8) 
15. 研究成果中間報告  研究成果の中間報告と討論 
16. 研究指導(14)  問題点の整理と対応 
17. 研究指導(15)  報告と討論(9) 
18. 研究指導(16)  報告と討論(10) 
19. 研究指導(17)  報告と討論(11) 
20. 研究指導(18)  報告と討論(12) 
21. 研究指導(19)  報告と討論(13) 
22. 研究指導(20)  報告と討論(14) 
23. 研究指導(21)  報告と討論(15) 
24. 研究指導(22)  報告と討論(16) 
25. 研究指導(23)  報告と討論(17) 
26. 研究指導(24)  報告と討論(18) 
27. 研究指導(25)  報告と討論(19) 
28. 研究成果報告・討論  研究成果の最終報告と討論 
29. 研究指導(26)  問題点の整理と対応 
30. 研究成果最終報告  研究成果の完成 
授業形態・方法
研究論文の途中経過報告と質疑応答を行う。 
成績評価方法及び評価基準
報告や討論への参加(50%)、研究論文(50%)により評価する。 
その他(履修条件・関連科目など)
専門論文を読む英語能力、経済学や国際経済に関する基礎知識を前提とする。 
テキスト
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
参考資料文献等
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 経済論文の作法 増補版  小浜裕久,木村福成  日本評論社 
2. これからレポート・卒論を書く若者のために  酒井聡樹  共立出版 
参考URL
1. 若手研究者のお経 これから論文を書く若者のために 
画像
ファイル
更新日付 2019/12/19 17:24


PAGE TOP