シラバス参照

科目名 理論経済・経済史研究指導(1年次) 
科目名(英字) Research Guidance in Economic Theory and Economic History 
担当者氏名

川森 智彦

対象研究科・専攻 経済学研究科経済学専攻修士課程 
学期 通年 
単位数



準備学習・事後学習
1.先行研究についての報告の準備をする.
2.研究テーマを見つける.
3.研究をする.
4.論文を執筆する.
授業の5倍の時間を要する.
課題についての解説・講評は,授業中に行う. 
授業の概要と目的
ミクロ経済学における研究をし,論文にまとめる. 
到達目標
査読誌に公刊可能な論文を完成させる. 
授業内容
番号 【項目欄】 【内容欄】
1. ガイダンス  論文作成の過程を説明する. 
2. 研究課題の設定  研究課題を決定する. 
3. 研究計画の報告  研究計画を報告する. 
4. 文献調査の報告  先行研究の内容と問題点を報告する. 
5. 文献調査の報告  先行研究の内容と問題点を報告する. 
6. 文献調査の報告  先行研究の内容と問題点を報告する. 
7. 文献調査の報告  先行研究の内容と問題点を報告する. 
8. 研究の経過報告  研究の経過を報告する. 
9. 研究の経過報告  研究の経過を報告する. 
10. 研究の経過報告  研究の経過を報告する. 
11. 研究の経過報告  研究の経過を報告する. 
12. 研究の経過報告  研究の経過を報告する. 
13. 研究の経過報告  研究の経過を報告する. 
14. 研究の経過報告  研究の経過を報告する. 
15. 中間報告  これまでに得られた研究結果を報告する. 
16. 問題点の整理  研究の問題点を整理する. 
17. 研究の経過報告  研究の経過を報告する. 
18. 研究の経過報告  研究の経過を報告する. 
19. 研究の経過報告  研究の経過を報告する. 
20. 研究の経過報告  研究の経過を報告する. 
21. 研究の経過報告  研究の経過を報告する. 
22. 研究の経過報告  研究の経過を報告する. 
23. 論文執筆の経過報告  論文執筆の経過を報告する. 
24. 論文執筆の経過報告  論文執筆の経過を報告する. 
25. 論文執筆の経過報告  論文執筆の経過を報告する. 
26. 論文執筆の経過報告  論文執筆の経過を報告する. 
27. 論文初稿の提出  論文初稿を提出する. 
28. 論文の添削  論文の添削結果を検討する. 
29. 論文改訂の経過報告  論文改訂の経過を報告する. 
30. 論文最終版の提出  論文最終版を提出する. 
授業形態・方法
輪読および研究報告による. 
成績評価方法及び評価基準
報告(40%)および論文(60%)による. 
その他(履修条件・関連科目など)
学部レベルのミクロ経済学を理解していることを前提とする. 
テキスト
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. なし     
参考資料文献等
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. なし     
参考URL
1. なし   
画像
ファイル
更新日付 2019/12/17 19:26


PAGE TOP