シラバス参照

科目名 環境経済論研究 
科目名(英字) Environmental Economics 
担当者氏名

李 秀澈

対象研究科・専攻 経済学研究科経済学専攻修士課程 
学期 通年 
単位数



準備学習・事後学習
気候変動、低炭素社会、再生可能エネルギー、エコカー、循環型社会、原子力リスクなど新聞やマスコミなどで取り上げられている環境問題について関心を持ってチェックしておきましょう。なお毎回授業時間の2倍の自学自習が必要です。 
授業の概要と目的
環境と経済が共存可能となるために、現在の社会システムや企業活動、そして我々の日常生活をどう変えていくべきかを考えます。 
到達目標
様々な類型の環境問題の発生背景を理解し、環境と共生可能な社会作りのための多様な政策手法について、理論・実際両面からの理解を深めます。こうした考察を踏まえて、地域及び地球規模的な環境問題の取組みに必要な考え方や政策マインドを身に付けます。 
授業内容
番号 【項目欄】 【内容欄】
1. イントロダクション  授業の概要 
2. 環境問題の類型と性格(1)  ゴミ問題、車排ガス問題など地域環境問題の性格 
3. 環境問題の類型と性格(2)  地球温暖化、酸性雨、オゾン層破壊など地球規模的環境問題の性格 
4. 環境問題の類型と性格(3)  地球温暖化、酸性雨、オゾン層破壊など地球規模的環境問題の性格 
5. 環境経済の基礎理論(1)  外部性と市場の失敗 
6. 環境経済の基礎理論(2)  公共財の理論 
7. 環境経済の基礎理論(3)  最適汚染水準 
8. 環境経済の基礎理論(4)  コースの定理 
9. 環境政策の目標と手段(1)  環境汚染および環境負荷の少ない社会システムへの転換に必要な政策手段の類型 
10. 環境政策の目標と手段(2)  環境汚染および環境負荷の少ない社会システムへの転換に必要な政策手段の類型 
11. 環境の経済的価値評価(1)  市場では定量的な価値評価が困難な環境財(例えばきれいな川など)の貨幣的な評価手 
12. 環境の経済的価値評価(2)  市場では定量的な価値評価が困難な環境財(例えばきれいな川など)の貨幣的な評価手法 
13. 環境政策の理論と実際(1)  環境規制 
14. 環境政策の理論と実際(2)  環境税1 
15. 環境政策の理論と実際(3)  環境税2 
16. 環境政策の理論と実際(4)  環境税3 
17. 環境政策の理論と実際(5)  排出権取引制度1 
18. 環境政策の理論と実際(6)  排出権取引制度2 
19. 環境政策の理論と実際(7)  環境補助金 
20. 環境政策の理論と実際(8)  グリーン購入、情報的手法 
21. 環境と企業1  環境経営 
22. 環境と企業2  環境と金融 
23. 環境と企業3  環境とビジネス 
24. 環境と開発1  開発途上国の環境問題 
25. 環境と開発2  開発途上国の環境問題 
26. 環境と貿易1  環境関連貿易規制問題 
27. 環境と貿易2  貿易による環境汚染問題 
28. 環境問題と国際協力  環境援助、環境ODA 
29. まとめ1  環境保全型発展の道 
30. まとめ2  総括復習 
授業形態・方法
講義と議論両方で行います。 
成績評価方法及び評価基準
小テスト50%、レポート50% 
その他(履修条件・関連科目など)
我々の生活と企業活動、そして地球温暖化問題など様々な類型の環境問題について、その解決のための政策手法と今後の展望について関心を持っている人はぜひ参加して下さい。 
テキスト
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 授業中に指定     
参考資料文献等
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 環境補助金の理論と実際  李秀澈(著)  名古屋大学出版会 
2. 東アジアの環境賦課金制度  李秀澈(編著)  昭和堂 
参考URL
1. 環境省(http://www.env.go.jp/) 環境問題と環境政策について多様な情報が得られます。 
画像
ファイル
更新日付 2020/01/20 18:58


PAGE TOP