シラバス参照

科目名 国際経済論研究 
科目名(英字) International Economics 
担当者氏名

斎藤 智美

対象研究科・専攻 経済学研究科経済学専攻修士課程 
学期 通年 
単位数



準備学習・事後学習
準備学習:1時間程度次回授業範囲のテキストを読んでおくこと。報告者はレジメを作成すること。事後学習:講義後,講義ノートを元に,講義時間の2倍をめどに,講義内容をレポート形式でまとめておくこと。
小テストやレポート等の課題については,授業内で解説,講評を行う。 
授業の概要と目的
現代国際経済の構造と動態を分析するための視点について学ぶ。 
到達目標
国際経済の基礎的な専門用語や概念について理解し、国際経済の現状把握に活用できるようにする。 
授業内容
番号 【項目欄】 【内容欄】
1. ガイダンス  ガイダンス 
2. 国際貿易1  商品貿易 
3. 国際貿易2  資源の移動と貿易の利益 
4. 国際貿易3  応用と解釈 
5. 国際貿易4  技術と生産性 
6. 国際貿易5  貿易と国内所得分配 
7. 国際貿易6  要素賦存量と貿易 
8. 国際貿易7  貿易,成長および製品多様性 
9. 国際貿易8  中間財および生産要素の貿易 
10. 国際貿易9  保護と国民厚生 
11. 国際貿易10  保護の政治経済 
12. 国際貿易11  貿易政策と不完全競争 
13. 国際貿易12  貿易規制の実際 
14. 国際貿易13  特恵的貿易協定と貿易政策の地域問題 
15. 国際貿易まとめ  中間まとめ 
16. 国際金融1  国際収支表 
17. 国際金融2  外国為替市場と貿易弾力性 
18. 国際金融3  ケインズ・モデルにおける支出と為替レート 
19. 国際金融4  マネー・サプライ,物価水準および国際収支 
20. 国際金融5  非貿易財と開発途上国・その他の小国 
21. 国際金融6  金融市場のグローバリゼーション 
22. 国際金融7  不完全国際資本移動とマンデル=フレミング・モデル 
23. 国際金融8  現代金融市場と財政金融政策 
24. 国際金融9  新興市場における危機 
25. 国際金融10  相互依存と政策協調 
26. 国際金融11  供給とインフレーション 
27. 国際金融12  期待,貨幣および為替レートの決定 
28. 国際金融13  為替レートの予測とリスク 
29. 国際金融まとめ  中間まとめ 
30. まとめ  グローバル資本主義の行方 
授業形態・方法
テキストの各章ごとに、院生からの輪番制で報告と問題提起を受け、討論を交わす。 
成績評価方法及び評価基準
報告やレポート(50%)、討論への参加(50%)により評価する。 
その他(履修条件・関連科目など)
経済学、国際経済に関する基礎知識を前提とする。 
テキスト
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 国際経済学入門1  ケイブズ,フランケル,ジョーンズ  日本経済新聞社 
2. 国際経済学入門2  ケイブズ,フランケル,ジョーンズ  日本経済新聞社 
参考資料文献等
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 必要に応じて紹介します.     
参考URL
1. 通商白書 経済産業省の通商白書 
画像
ファイル
更新日付 2019/12/19 17:23


PAGE TOP