シラバス参照

科目名 ミクロ経済学研究 
科目名(英字) Microeconomics 
担当者氏名

川森 智彦

対象研究科・専攻 経済学研究科経済学専攻修士課程 
学期 通年 
単位数



準備学習・事後学習
1.割り当てられた報告の準備をする.
2.担当者以外も該当箇所を読んでおく.
3.基本的な概念を理解し,練習問題が解けるようになるように,毎回復習する.
授業の2倍の時間を要する.
課題についての解説・講評は,授業中に行う. 
授業の概要と目的
大学院レベルのミクロ経済学を輪読で学び,その厳密な理解を目指す. 
到達目標
大学院レベルのミクロ経済学を厳密に理解する. 
授業内容
番号 【項目欄】 【内容欄】
1. 前半のガイダンス  授業の前半の進め方を説明し,輪読の割り当てを決める. 
2. 輪読  Chapter 1: Consumer theoryを輪読する. 
3. 輪読  Chapter 1: Consumer theoryを輪読する. 
4. 輪読  Chapter 1: Consumer theoryを輪読する. 
5. 輪読  Chapter 2: Topics in consumer theoryを輪読する. 
6. 輪読  Chapter 2: Topics in consumer theoryを輪読する. 
7. 輪読  Chapter 2: Topics in consumer theoryを輪読する. 
8. 輪読  Chapter 3: Theory of the firmを輪読する. 
9. 輪読  Chapter 3: Theory of the firmを輪読する. 
10. 輪読  Chapter 3: Theory of the firmを輪読する. 
11. 輪読  Chapter 3: Theory of the firmを輪読する. 
12. 輪読  Chapter 4: Partial equilibriumを輪読する. 
13. 輪読  Chapter 4: Partial equilibriumを輪読する. 
14. 輪読  Chapter 4: Partial equilibriumを輪読する. 
15. 輪読  Chapter 4: Partial equilibriumを輪読する. 
16. 後半のガイダンス  授業の後半の進め方を説明し,輪読の割り当てを決める. 
17. 輪読  Chapter 5: General equilibriumを輪読する. 
18. 輪読  Chapter 5: General equilibriumを輪読する. 
19. 輪読  Chapter 5: General equilibriumを輪読する. 
20. 輪読  Chapter 5: General equilibriumを輪読する. 
21. 輪読  Chapter 7: Game theoryを輪読する. 
22. 輪読  Chapter 7: Game theoryを輪読する. 
23. 輪読  Chapter 7: Game theoryを輪読する. 
24. 輪読  Chapter 7: Game theoryを輪読する. 
25. 輪読  Chapter 7: Game theoryを輪読する. 
26. 輪読  Chapter 8: Information economicsを輪読する. 
27. 輪読  Chapter 8: Information economicsを輪読する. 
28. 輪読  Chapter 8: Information economicsを輪読する. 
29. 輪読  Chapter 8: Information economicsを輪読する. 
30. 輪読  Chapter 8: Information economicsを輪読する. 
授業形態・方法
輪読による. 
成績評価方法及び評価基準
報告(100%)による. 
その他(履修条件・関連科目など)
中級レベルのミクロ経済学を理解していることを強く要望する. 
テキスト
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. Advanced Microeconomic Theory  G.A. Jehle, P.J. Reny  Prentice Hall 
参考資料文献等
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 授業中に提示する.     
参考URL
1. なし   
画像
ファイル
更新日付 2019/12/17 19:22


PAGE TOP