シラバス参照

科目名 管理会計研究 
科目名(英字) Management Accounting 
担当者氏名

東田 明

対象研究科・専攻 経営学研究科経営学専攻修士課程 
学期 後期 
単位数



準備学習・事後学習
次回の授業で議論する論文を事前に読んで,不明な箇所について調べること(3時間)。
前回の授業内容を踏まえて,前回の授業で対象にした論文を再読する(1時間)。 
授業の概要と目的
本授業はCP1およびDP4に該当する。。
本講義では管理会計の基礎を勉強すると共に,管理会計が人の行動に与える影響について学習する。組織が戦略を実現するためには,管理会計がどのような情報を提供し,組織構成員の行動を導くことができるのかについて考える。 
到達目標
管理会計の基礎的な内容とともに,経営実践における管理会計の活用事例から管理会計手法と組織の関係について理解し,説明することができる。 
授業内容
番号 【項目欄】 【内容欄】
1. ガイダンス  本講義の概要説明と文献リストの提示 
2. 管理会計とは  管理会計の意義・役割・全体像について 
3. 業績評価①  利益による業績評価と課題 
4. 業績評価②  現金を意識させる管理会計 
5. 業績評価③  組織構造と業績評価 
6. 業績評価④  業績評価におけるコスト情報 
7. 業績評価⑤  事業部の業績評価 
8. 業績評価⑥  資産効率で見る業績 
9. 業績評価⑦  京セラのアメーバ経営 
10. 予算管理  事後評価基準値としての予算管理 
11. 設備投資意思決定  投資採算計算方法と将来データの正確性 
12. 研究開発と管理会計  研究開発の評価における管理会計 
13. 影響システムとしての管理  なぜ人は測定されると行動を変えるか? 
14. 管理会計と企業不祥事  会計不正に代表される企業不祥事には,管理会計が適切に構築されなかったことによって引き起こされる場合があることを学習する。 
15. 総括  本講義のまとめ 
授業形態・方法
文献・資料についての報告およびディスカッション 
成績評価方法及び評価基準
報告および討論への参加(100%)で評価。 
その他(履修条件・関連科目など)
実践コストマネジメント研究等の関連科目を受講することが望ましい。 
テキスト
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 初回の授業で指示します。     
参考資料文献等
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 1からの管理会計  國部克彦・大西靖・東田明  碩学舎 
2. ジャスト・イン・タイム経営入門  河田信・今井範行  中央経済社 
3. トヨタ 原点回帰の管理会計  河田信  中央経済社 
4. 戦略評価の経営学  ロバート・サイモンズ  ダイヤモンド社 
5. 現場が動き出す会計  伊丹敬之・青木康晴  日本経済新聞出版社 
参考URL
画像
ファイル
更新日付 2020/03/31 14:06


PAGE TOP