シラバス参照

科目名 環境マネジメント研究 
科目名(英字) Environmental Management 
担当者氏名

東田 明

対象研究科・専攻 経営学研究科経営学専攻修士課程 
学期 後期 
単位数



準備学習・事後学習
次回の授業で議論する論文を事前に読んで,不明な箇所について調べること(3時間)。
前回の授業内容を踏まえて,前回の授業で対象にした論文を再読する(1時間)。 
授業の概要と目的
本授業はCP1およびDP4に該当する。
環境経営やCSR(企業の社会的責任)経営は,企業の競争優位や経済的利益にどのように結びつくのであろうか?また,競争優位や経済的利益に結びつくような環境経営・CSR経営のあり方とはどのようなものだろうか?この講義では,企業の経済的利益と社会的利益の同時実現を可能にする環境経営・CSR経営について考える。 
到達目標
企業の経済的利益と社会的利益の同時実現を可能にする経営のあり方や課題を理解し,説明することができる。 
授業内容
番号 【項目欄】 【内容欄】
1. ガイダンス  本講義の概要 
2. 企業と社会を考える  企業と社会の関係に注目し,環境経営やCSR経営について考える。 
3. 環境規制,イノベーション,競争優位  環境規制に応じて環境問題に取り組むことは,企業のコストか,それとも競争優位につながるのか? 
4. 環境経営の外部要因の日米比較  日米製造企業の環境経営における外部要因を比較検討する。 
5. 環境マネジメントシステムの普及  日本における環境マネジメントシステムの普及プロセスを制度に注目して考察する。 
6. 環境経営における組織文化の影響  組織文化が環境経営に与える影響について 
7. 中小企業の環境ビジネス・イノベーション  中小企業の環境ビジネスを成功に導く要因は何か? 
8. 競争優位のCSR戦略  利益獲得につながるCSRとは何か,その要素や戦略について考える。 
9. 持続可能なサプライチェーンの構築  環境経営やCSR経営に取り組むためには,1企業の取り組みでは限界があり,サプライチェーンで取り組むことの重要性について考える。 
10. 低炭素型サプライチェーンマネジメントの既定要因  サプライチェーンで温室効果ガス削減を進めるために影響する要因とは何か? 
11. 環境配慮型サプライチェーンの先端ケース研究  日本企業の事例から,サプライチェーンで環境経営に取り組むためには何が重要か考える。 
12. 共通価値の戦略  経済的価値と社会的価値を同時に実現する共通価値を生み出すための戦略について学習する。 
13. 共通価値は企業の競争優位につながるか  共通価値が競争優位につながるためには何が必要かについて考える。 
14. CSR経営と企業評価  CSR経営は企業評価につながっているのかについて考える。 
15. 総括  本講義の総括 
授業形態・方法
毎回,1本の論文もしくは本の1章を読み,その内容についてディスカッションする。 
成績評価方法及び評価基準
報告および討論への参加(100%)で評価。 
その他(履修条件・関連科目など)
この講義を通じて,従来の企業経営や経営戦略の考え方とCSR戦略やCSVの関係について考えてほしい。 
テキスト
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 初回の講義で指示する。     
参考資料文献等
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. Green to Gold  ダニエル C.エスティ、アンドリュー S.ウインストン  アスペクト 
2. 責任ある競争力  谷本寛治  NTT出版 
3. 持続可能な未来へ  ピーター・センゲ,ブライアン・スミス  日本経済新聞出版社 
4. サステナビリティ経営戦略  ジーン・ガーナー・ステッド,W・エドワード・ステッド  マグロウヒル・エデュケーション 
参考URL
画像
ファイル
更新日付 2020/03/31 14:06


PAGE TOP