シラバス参照

科目名 経営財務論研究指導2【秋季:前半】 
科目名(英字) Advanced Research in Corporate Finance Ⅱ 
担当者氏名

西垣 鳴人

対象研究科・専攻 経営学研究科経営学専攻博士後期課程 
学期 後期 
単位数



準備学習・事後学習
受講者自身の研究テーマに基づいて、毎回のゼミの準備・事後学習時間に合計4時間以上を費やすこと。 
授業の概要と目的
経営学研究科の定めるDP「経営学の特定の分野においてオリジナリティのある研究成果を生み出すことができる 能力を身につけること」を目的として、本科目は同研究科の定めるCP①および②に該当する内容を提供、1本目の学術雑誌投稿論文の執筆に向けた指導,2本目の学術雑誌投稿論文に向けた指導を行う。 
到達目標
学会もしくは公的な研究会において、学術的なインパクトをもった研究発表ができる。 
授業内容
番号 【項目欄】 【内容欄】
1. 最初の投稿論文の準備(4)  初回投稿論文執筆に向けた指導(四回目) 
2. 最初の投稿論文の準備(5)  初回投稿論文執筆に向けた指導(五回目) 
3. 最初の投稿論文の準備(6)  初回投稿論文執筆に向けた指導(六回目) 
4. 最初の投稿論文の準備(7)  初回投稿論文完成に向けた指導(一回目) 
5. 最初の投稿論文の準備(8)  初回投稿論文完成に向けた指導(二回目) 
6. 最初の投稿論文の準備(9)  初回投稿論文完成に向けた指導(三回目) 
7. 最初の投稿論文の準備(10)  初回投稿論文の投稿前の点検(上) 
8. 最初の投稿論文の準備(11)  初回投稿論文の投稿前の点検(下) 
9. 研究テーマと先行研究の読解(1)  読み進めてきた先行研究文献について報告、正しい読み方ができているか検証する(一回目)。 
10. 研究テーマと先行研究の読解(2)  読み進めてきた先行研究文献について報告、正しい読み方ができているか検証する(二回目)。 
11. 研究テーマと先行研究の読解(3)  読み進めてきた先行研究文献について報告、正しい読み方ができているか検証する(三回目)。 
12. 二回目の研究報告の準備(1)  学会もしくは公的な研究会における二回目研究報告に向けた指導(一回目) 
13. 二回目の研究報告の準備(2)  学会もしくは公的な研究会における二回目研究報告に向けた指導(二回目) 
14. 二回目の研究報告の準備(3)  学会もしくは公的な研究会における二回目研究報告に向けた指導(三回目) 
15. 二回目の研究報告の準備(4)  学会もしくは公的な研究会における二回目研究報告に向けた指導(四回目) 
授業形態・方法
演習(ゼミナール)形式 
成績評価方法及び評価基準
平常からの研究取組み;50% ,学術雑誌投稿用論文などの成果物;50% 
その他(履修条件・関連科目など)
特になし 
テキスト
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 随時、履修者の意見を参照し提示。     
参考資料文献等
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 随時、履修者の意見を参照し提示。     
参考URL
1. 特になし   
画像
ファイル
更新日付 2020/01/27 10:30


PAGE TOP