シラバス参照

科目名 会計学・ファイナンス研究指導2 
科目名(英字) Seminar on Accounting and Finance Theory Ⅱ 
担当者氏名

伊藤 秀俊

対象研究科・専攻 経営学研究科経営学専攻修士課程 
学期 通年 
単位数



準備学習・事後学習
・講義の前提として,テキストを読んでおくこと。
・各回の授業計画で指定した範囲のテキストの箇所を読んでおくこと。
・次回の授業範囲を予習し,専門用語の意味などを理解しておくこと。その上で復習を 行うこと。その他、新聞、雑誌等で資料を収集し、分析を深めておくこと。準備・事後学習時間を、合計4時間以上確保すること。 
授業の概要と目的
本科目は経営学研究科の定めるCP2およびDP4に該当する。
現代の財務会計理論について、受講生が求める考察テーマを指定して授業を行う。すなわち、財務会計上の個別理論問題をゼミ生の希望に沿って取り上げることにしたい。したがって、テキスト等も個別テーマが確定してから、テキスト候補をいくつか提示してゼミ生の希望するものにしたい。主にディスカッションのアクティブラーニングを行う。講義内容を補足理解を深めるため,適宜,外部講師による講演を実施する場合もある。税理士・会計士等の高度職業人として必要とされる基礎的能力をマスターする。 
到達目標
 財務会計上の個別問題のサーベイと上級レベルに応用した内容を理解し,修士学位を取得するための研究報告と研究討論を積み重ねていく。最終的には修士論文レベルの会計学を理解し、説明できる。 
授業内容
番号 【項目欄】 【内容欄】
1. 修士学位研究レポ-ト1  受講生の研究テーマ報告と討論(1) 
2. 修士学位研究レポ-ト2  受講生の研究テーマ報告と討論(2) 
3. 修士学位研究レポ-ト3  受講生の研究テーマ報告と討論(3) 
4. 修士学位研究レポ-ト4  受講生の研究中間報告と討論(1) 
5. 修士学位研究レポ-ト5  受講生の研究中間報告と討論(2) 
6. 修士学位研究レポ-ト6  受講生の研究中間報告と討論(3) 
7. 修士学位研究レポ-ト7  受講生の研究中間報告と討論(4) 
8. 修士学位研究レポ-ト8  受講生の研究中間報告と討論(5) 
9. 修士学位研究レポ-ト9  受講生の研究中間報告と討論(6) 
10. 修士学位研究レポ-ト10  受講生の研究中間報告と討論(7) 
11. 修士学位研究レポ-ト11  受講生の研究中間報告と討論(8) 
12. 修士学位研究レポ-ト12  受講生の修士学位事前報告会にむけた検討(1) 
13. 修士学位研究レポ-ト13  受講生の修士学位事前報告会にむけた検討(2) 
14. 修士学位研究レポ-ト14  受講生の修士学位事前報告会にむけた検討(3) 
15. 修士学位研究レポ-ト15  部分叙述の検証(1) 
16. 修士学位研究レポ-ト16  部分叙述の検証(2) 
17. 修士学位研究レポ-ト17  部分叙述の検証(3) 
18. 修士学位研究レポ-ト18  部分叙述の検証(4) 
19. 修士学位研究レポ-ト19  部分叙述の検証(5) 
20. 修士学位研究レポ-ト20  部分叙述の検証(6) 
21. 修士学位研究レポ-ト21  全体構成の検証(1) 
22. 修士学位研究レポ-ト22  全体構成の検証(2) 
23. 修士学位研究レポ-ト23  全体構成の検証(3) 
24. 修士学位研究レポ-ト24  全体構成の検証(4) 
25. 修士学位研究レポ-ト25  全体構成の検証(5) 
26. 修士学位研究レポ-ト26  総括:全受講生の研究成果と評価(1) 
27. 修士学位研究レポ-ト27  総括:全受講生の研究成果と評価(2) 
28. 修士学位研究レポ-ト28  総括:全受講生の研究成果と評価(3) 
29. 修士学位研究レポ-ト29  総括:全受講生の研究成果と評価(4) 
30. 修士学位研究レポ-ト30  総括:全受講生の研究成果と評価(5) 
授業形態・方法
各自の研究テーマをレポートしてもらい、その内容,構成などにコメントを加えながら討論し,最終的に学位論文を完成してもらう。アクテブラーニングを行う。 
成績評価方法及び評価基準
 研究への取り組み50% 修士学位論文50% 
その他(履修条件・関連科目など)
 各自、研究したいテーマを確定しておくこと。 
テキスト
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 追って指示する。     
参考資料文献等
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 追って指示する。     
参考URL
画像
ファイル
更新日付 2020/02/21 16:45


PAGE TOP