シラバス参照

科目名 会計学・ファイナンス研究指導1 
科目名(英字) Seminar on Accounting and Finance Theory Ⅰ 
担当者氏名

柳田 純也

対象研究科・専攻 経営学研究科経営学専攻修士課程 
学期 通年 
単位数



準備学習・事後学習
幅広く現代の非営利組織体に関する事柄をテーマとして取り上げるため、授業前後に4時間、書籍や論文、新聞・ニュースなどで情報を収集して分析・整理しておくこと。
発表や課題(レポート等)については、授業内で継続的に解説、講評、質問対応等を行う。 
授業の概要と目的
本授業はCP2およびDP4に該当する。本授業の概要と目的は、次の2点が挙げられる。①非営利組織体会計研究の内容を前提として、当該分野に関心があり、この分野で修士論文の作成を考えている方を対象者とすること、②税理士試験の科目免除(財政学分野等)を目指す方は、いわゆる地方財政論を研究テーマとして修士論文の作成を目指すことも可能であること。但し、税理士試験の免除申請に耐え得るよう、担当教員と十分に相談すること、以上の2点です。 
到達目標
 非営利組織体の会計や経営の課題について理解し、説明できる。 
授業内容
番号 【項目欄】 【内容欄】
1. 前期ガイダンス  研究指導上の目的、指導方針など。 
2. 基本資料の検索  研究上の資料の検索方法など。 
3. 基本資料の収集と検討(1)  基本資料の収集を進め、検討していく。報告者はレジュメを作成し、質疑応答を行う。 
4. 基本資料の収集と検討(2)  基本資料の収集を進め、検討していく。報告者はレジュメを作成し、質疑応答を行う。 
5. 基本資料の収集と検討(3)  基本資料の収集を進め、検討していく。報告者はレジュメを作成し、質疑応答を行う。 
6. 基礎概念の検討と議論(1)  基礎概念の検討を通じ、検討していく。報告者はレジュメを作成し、質疑応答を行う。 
7. 基礎概念の検討と議論(2)  基礎概念の検討を通じ、検討していく。報告者はレジュメを作成し、質疑応答を行う。 
8. 基礎概念の検討と議論(3)  基礎概念の検討を通じ、検討していく。報告者はレジュメを作成し、質疑応答を行う。 
9. 研究対象の分析方法(1)  研究対象の分析方法を検討していく。分析の方法について、意見交換を行っていく。 
10. 研究対象の分析方法(2)  研究対象の分析方法を検討していく。分析の方法について、意見交換を行っていく。 
11. 研究対象の分析方法(3)  研究対象の分析方法を検討していく。分析の方法について、意見交換を行っていく。 
12. レポートの作成と検討(1)  レポートの作成状況について、報告者から進捗状況を報告してもらい、意見交換を行う。 
13. レポートの作成と検討(2)  レポートの作成状況について、報告者から進捗状況を報告してもらい、意見交換を行う。 
14. レポートの作成と検討(3)  レポートの作成状況について、報告者から進捗状況を報告してもらい、意見交換を行う。 
15. 前期のまとめ  前期の研究指導の総括。 
16. 後期ガイダンス  研究指導上の目的、指導方針など。 
17. 基本資料の検索  研究上の資料の検索方法など。 
18. 基本資料の収集と検討(1)  基本資料の収集を進め、検討していく。報告者はレジュメを作成し、質疑応答を行う。 
19. 基本資料の収集と検討(2)  基本資料の収集を進め、検討していく。報告者はレジュメを作成し、質疑応答を行う。 
20. 基本資料の収集と検討(3)  基本資料の収集を進め、検討していく。報告者はレジュメを作成し、質疑応答を行う。 
21. 基礎概念の検討と議論(1)  基礎概念の検討を通じ、検討していく。報告者はレジュメを作成し、質疑応答を行う。 
22. 基礎概念の検討と議論(2)  基礎概念の検討を通じ、検討していく。報告者はレジュメを作成し、質疑応答を行う。 
23. 基礎概念の検討と議論(3)  基礎概念の検討を通じ、検討していく。報告者はレジュメを作成し、質疑応答を行う。 
24. 研究対象の分析方法(1)  研究対象の分析方法を検討していく。分析の方法について、意見交換を行っていく。 
25. 研究対象の分析方法(2)  研究対象の分析方法を検討していく。分析の方法について、意見交換を行っていく。 
26. 研究対象の分析方法(3)  研究対象の分析方法を検討していく。分析の方法について、意見交換を行っていく。 
27. レポートの作成と検討(1)  レポートの作成状況について、報告者から進捗状況を報告してもらい、意見交換を行う。 
28. レポートの作成と検討(2)  レポートの作成状況について、報告者から進捗状況を報告してもらい、意見交換を行う。 
29. レポートの作成と検討(3)  レポートの作成状況について、報告者から進捗状況を報告してもらい、意見交換を行う。 
30. 後期のまとめ  後期の研究指導の総括。 
授業形態・方法
演習 
成績評価方法及び評価基準
発表 40%、レポート 60%。発表や課題(レポート等)については、授業内で継続的に解説、講評、質問対応等を行う。 
その他(履修条件・関連科目など)
 ①税理士試験の科目免除を目的として、地方財政論等の分野に関する修士論文作成を考えている方は、担当教員と十分に相談と議論を行うことができる、意欲的で誠実な方の受講を希望します。
 ②非営利組織体の経営分析を行うことにより、修正論文の作成を考えている方の受講も歓迎します。
 ③本研究指導を受講される方は、必ず非営利組織体会計研究を受講すること。 
テキスト
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 適宜、授業中に紹介します。     
参考資料文献等
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 公会計制度の改革(第2版)  亀井孝文  中央経済社 
2. 私立大学の財政分析ができる本  野中郁江、山口不二夫、梅田守彦  大月書店 
3. 自治体財政健全化法  小西砂千夫  学陽書房 
4. 非営利組織体の会計  鈴木豊ほか  中央経済社 
5. その他、授業中に紹介します。     
参考URL
1. 適宜、授業中に紹介します。   
画像
ファイル
更新日付 2020/01/28 22:23


PAGE TOP