シラバス参照

科目名 会計学・ファイナンス研究指導1 
科目名(英字) Seminar on Accounting and Finance Theory Ⅰ 
担当者氏名

田代 樹彦

対象研究科・専攻 経営学研究科経営学専攻修士課程 
学期 通年 
単位数



準備学習・事後学習
・修士論文作成のために様々な会計事象に対して関心を持ち続けること。
・関心あるテーマについての文献等を熟読すること。
・修士論文執筆のためには多くの文献を読む必要がある。そのため、準備学習・事後学習としては最低限週10時間以上を文献解題に充てること。 
授業の概要と目的
・本科目は経営学研究科修士課程のCP2およびDP4に該当する。
・修士論文の執筆に向け、財務会計に関する多くの文献を読み、理解をすることを目的とする。 
到達目標
・修士論文を執筆するのに必要な学説を理解し、説明することができる。 
授業内容
番号 【項目欄】 【内容欄】
1. 修士論文執筆のための文献解題(1)  修士論文執筆のために各自の関心に基づいた文献についての報告・討論等(1) 
2. 修士論文執筆のための文献解題(2)  修士論文執筆のために各自の関心に基づいた文献についての報告・討論等(2) 
3. 修士論文執筆のための文献解題(3)  修士論文執筆のために各自の関心に基づいた文献についての報告・討論等(3) 
4. 修士論文執筆のための文献解題(4)  修士論文執筆のために各自の関心に基づいた文献についての報告・討論等(4) 
5. 修士論文執筆のための文献解題(5)  修士論文執筆のために各自の関心に基づいた文献についての報告・討論等(5) 
6. 修士論文執筆のための文献解題(6)  修士論文執筆のために各自の関心に基づいた文献についての報告・討論等(6) 
7. 修士論文執筆のための文献解題(7)  修士論文執筆のために各自の関心に基づいた文献についての報告・討論等(7) 
8. 修士論文執筆のための文献解題(8)  修士論文執筆のために各自の関心に基づいた文献についての報告・討論等(8) 
9. 修士論文執筆のための文献解題(9)  修士論文執筆のために各自の関心に基づいた文献についての報告・討論等(9) 
10. 修士論文執筆のための文献解題(10)  修士論文執筆のために各自の関心に基づいた文献についての報告・討論等(10) 
11. 修士論文執筆のための文献解題(11)  修士論文執筆のために各自の関心に基づいた文献についての報告・討論等(11) 
12. 修士論文執筆のための文献解題(12)  修士論文執筆のために各自の関心に基づいた文献についての報告・討論等(12) 
13. 修士論文執筆のための文献解題(13)  修士論文執筆のために各自の関心に基づいた文献についての報告・討論等(13) 
14. 修士論文執筆のための文献解題(14)  修士論文執筆のために各自の関心に基づいた文献についての報告・討論等(14) 
15. 修士論文執筆のための文献解題(15)  修士論文執筆のために各自の関心に基づいた文献についての報告・討論等(15) 
16. 修士論文執筆のための文献解題(16)  修士論文執筆のために各自の関心に基づいた文献についての報告・討論等(16) 
17. 修士論文執筆のための文献解題(17)  修士論文執筆のために各自の関心に基づいた文献についての報告・討論等(17) 
18. 修士論文執筆のための文献解題(18)  修士論文執筆のために各自の関心に基づいた文献についての報告・討論等(18) 
19. 修士論文執筆のための文献解題(19)  修士論文執筆のために各自の関心に基づいた文献についての報告・討論等(19) 
20. 修士論文執筆のための文献解題(20)  修士論文執筆のために各自の関心に基づいた文献についての報告・討論等(20) 
21. 修士論文執筆のための文献解題(21)  修士論文執筆のために各自の関心に基づいた文献についての報告・討論等(21) 
22. 修士論文執筆のための文献解題(22)  修士論文執筆のために各自の関心に基づいた文献についての報告・討論等(22) 
23. 修士論文執筆のための文献解題(23)  修士論文執筆のために各自の関心に基づいた文献についての報告・討論等(23) 
24. 修士論文執筆のための文献解題(24)  修士論文執筆のために各自の関心に基づいた文献についての報告・討論等(24) 
25. 修士論文執筆のための文献解題(25)  修士論文執筆のために各自の関心に基づいた文献についての報告・討論等(25) 
26. 修士論文執筆のための文献解題(26)  修士論文執筆のために各自の関心に基づいた文献についての報告・討論等(26) 
27. 修士論文執筆のための文献解題(27)  修士論文執筆のために各自の関心に基づいた文献についての報告・討論等(27) 
28. 修士論文執筆のための文献解題(28)  修士論文執筆のために各自の関心に基づいた文献についての報告・討論等(28) 
29. 修士論文執筆のための文献解題(29)  修士論文執筆のために各自の関心に基づいた文献についての報告・討論等(29) 
30. 修士論文執筆のための文献解題(30)  修士論文執筆のために各自の関心に基づいた文献についての報告・討論等(30) 
授業形態・方法
ゼミナール形式(報告者による報告と、それに基づく討論)で行う。 
成績評価方法及び評価基準
報告50%、討論50% 
その他(履修条件・関連科目など)
特になし 
テキスト
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 適宜指示する     
参考資料文献等
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 適宜指示する     
参考URL
画像
ファイル
更新日付 2020/02/21 16:35


PAGE TOP