シラバス参照

科目名 経営学研究指導1 
科目名(英字) Business Seminar Ⅰ 
担当者氏名

堀川 新吾

対象研究科・専攻 経営学研究科経営学専攻修士課程 
学期 通年 
単位数



準備学習・事後学習
 テレビ・新聞・雑誌・インターネット等、メディアを問わず、ITを主としながらもジャンルを問わず、ありとあらゆるニュースを毎日40分以上(=毎週280分以上)かけてフォローしておくこと。 
授業の概要と目的
 本科目は経営学研究科の定めるディプロマポリシー(1)およびカリキュラムポリシー(2)に位置する。経営組織および市場に対するIT(情報技術)の適用に関する研究。 
到達目標
修士論文のテーマと研究課題を明確化できる。 
授業内容
番号 【項目欄】 【内容欄】
1. ガイダンス  年間スケジュールの説明と研究に関する質疑応答 
2. 各自の研究課題の探索  各自の研究課題の探索(1) 
3. 各自の研究課題の探索  各自の研究課題の探索(2) 
4. 各自の研究課題の探索  各自の研究課題の探索(3) 
5. 各自の研究課題の探索  各自の研究課題の探索(4) 
6. 各自の研究課題の探索  各自の研究課題の探索(5) 
7. 各自の研究課題の探索  各自の研究課題の探索(6) 
8. 各自の研究課題の探索  各自の研究課題の探索(7) 
9. 研究課題の設定  研究課題の設定(1) 
10. 研究課題の設定  研究課題の設定(2) 
11. 研究課題の設定  研究課題の設定(3) 
12. 研究課題の設定  研究課題の設定(4) 
13. 研究課題の設定  研究課題の設定(5) 
14. 研究課題の設定  研究課題の設定(6) 
15. 研究課題の決定  研究課題の決定 
16. 研究課題の報告と討論  研究課題の報告と討論(1) 
17. 研究課題の報告と討論  研究課題の報告と討論(2) 
18. 研究課題の報告と討論  研究課題の報告と討論(3) 
19. 研究課題の報告と討論  研究課題の報告と討論(4) 
20. 研究課題の報告と討論  研究課題の報告と討論(5) 
21. 研究課題の報告と討論  研究課題の報告と討論(6) 
22. 研究課題の報告と討論  研究課題の報告と討論(7) 
23. 研究課題の報告と討論  研究課題の報告と討論(8) 
24. 研究課題の報告と討論  研究課題の報告と討論(9) 
25. 研究課題の報告と討論  研究課題の報告と討論(10) 
26. 研究課題の報告と討論  研究課題の報告と討論(11) 
27. 研究課題の報告と討論  研究課題の報告と討論(12) 
28. 研究課題の報告と討論  研究課題の報告と討論(13) 
29. レポートの報告と討論  レポートの報告と討論(1) 
30. レポートの報告と討論  レポートの報告と討論(2) 
授業形態・方法
 参加者各自の研究発表と、参加者全員によるディスカッションという形式で行う。 
成績評価方法及び評価基準
研究への取り組み50%,修士学位論文50%。 
その他(履修条件・関連科目など)
 研究課題をできるだけ明確にした上で参加すること。 
テキスト
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 追って適宜、指示する     
参考資料文献等
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
参考URL
画像
ファイル
更新日付 2020/01/23 16:21


PAGE TOP