シラバス参照

科目名 会計学・ファイナンス研究指導1 
科目名(英字) Seminar on Accounting and Finance Theory Ⅰ 
担当者氏名

西垣 鳴人

対象研究科・専攻 経営学研究科経営学専攻修士課程 
学期 通年 
単位数



準備学習・事後学習
前半 : 準備学習として基本文献の予習、文献やデータの調査・分析、そしてこれらの報告準備、事後学習として授業で明らかになった問題点をノートにまとめること。以上について毎週合計4時間取り組んでください。
後半 : 準備学習として修士論文の執筆に向けた考察や作業を進め報告の準備をする、事後学習として授業で明らかになった問題点を受けて必要な修正をおこなうこと。以上について毎回合計4時間取り組んでください。 
授業の概要と目的
本科目は経営学研究科の定めるCP2およびDP2・3に該当する。
前半は、金融・ファイナンスに関する諸問題の中からテーマを設定し、調査・分析を行う。まず研究テーマに関連する基本文献を講読し、論文作成の前提となる知識を身に付ける。次に,研究テーマの再検討を重ねながら関連文献のサーベイを行い、データの調査・分析を進めていく。後半は、金融・ファイナンスに関する諸問題の中からテーマを選定し、そのテーマに関する研究を進め、修士論文執筆に向けた準備を着実に進める。 
到達目標
前半 : 修士論文のテーマと方向性を明確にできる。後半 : 修士論文の作成にすぐにでも取り掛かることができる。 
授業内容
番号 【項目欄】 【内容欄】
1. ガイダンス  研究テーマに関するディスカッション 
2. 基本文献講読(1)  研究テーマに関する基本文献(テキストなど)を講読する。 
3. 基本文献講読(2)  研究テーマに関する基本文献(テキストなど)を講読する。 
4. 基本文献講読(3)  研究テーマに関する基本文献(テキストなど)を講読する。 
5. 基本文献講読(4)  研究テーマに関する基本文献(テキストなど)を講読する。 
6. 基本文献講読(5)  研究テーマに関する基本文献(テキストなど)を講読する。 
7. 基本文献講読(6)  研究テーマに関する基本文献(テキストなど)を講読する。 
8. 基本文献講読(7)  研究テーマに関する基本文献(テキストなど)を講読する。 
9. 基本文献講読(8)  研究テーマに関する基本文献(テキストなど)を講読する。 
10. 基本文献講読(9)  研究テーマに関する基本文献(テキストなど)を講読する。 
11. 基本文献講読(10)  研究テーマに関する基本文献(テキストなど)を講読する。 
12. 研究テーマ再検討(1)  研究テーマの再検討を行い、テーマを絞り込む。 
13. 先行研究講読(1)  研究テーマに関する先行研究のサーベイを行う。 
14. 先行研究講読(2)  研究テーマに関する先行研究のサーベイを行う。 
15. 先行研究講読(3)  研究テーマに関する先行研究のサーベイを行う。 
16. 研究テーマの再検討(2)  研究テーマの再々検討を行い、さらにテーマを絞り込む。 
17. 修士論文に関する報告(1)  修士論文の取り組み状況に関して報告してもらい、必要なディスカッションを行う。 
18. 修士論文に関する報告(2)  修士論文の取り組み状況に関して報告してもらい、必要なディスカッションを実施する。 
19. 修士論文に関する報告(3)  修士論文の取り組み状況に関して報告してもらい、必要なディスカッションを実施する。 
20. 修士論文に関する報告(4)  修士論文の取り組み状況に関して報告してもらい、必要なディスカッションを実施する。 
21. 修士論文に関する報告(5)  修士論文の取り組み状況に関して報告してもらい、必要なディスカッションを実施する。 
22. 修士論文に関する報告(6)  修士論文の取り組み状況に関して報告してもらい、必要なディスカッションを実施する。 
23. 修士論文に関する報告(7)  修士論文の取り組み状況に関して報告してもらい、必要なディスカッションを実施する。 
24. 修士論文に関する報告(8)  修士論文の取り組み状況に関して報告してもらい、必要なディスカッションを実施する。 
25. 修士論文に関する報告(9)  修士論文の取り組み状況に関して報告してもらい、必要なディスカッションを実施する。 
26. 修士論文に関する報告(10)  修士論文の取り組み状況に関して報告してもらい、必要なディスカッションを実施する。 
27. 修士論文に関する報告(11)  修士論文の取り組み状況に関して報告してもらい、必要なディスカッションを実施する。 
28. 修士論文に関する報告(12)  修士論文の取り組み状況に関して報告してもらい、必要なディスカッションを実施する。 
29. 修士論文に関する報告(13)  修士論文の取り組み状況に関して報告してもらい、必要なディスカッションを実施する。 
30. 修士論文に関する報告(14)  修士論文の取り組み状況に関して報告してもらい、必要なディスカッションを実施する。 
授業形態・方法
演習 
成績評価方法及び評価基準
研究への取組み50%、提出された修士論文の部分草稿50%。 
その他(履修条件・関連科目など)
「金融システム研究」を合わせて受講すること。 
テキスト
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 受講生と相談の上、決定する     
参考資料文献等
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 適宜、紹介する     
参考URL
1. 特になし   
画像
ファイル
更新日付 2020/02/25 09:12


PAGE TOP