シラバス参照

科目名 法制史特殊研究4 
科目名(英字) Topics in Legal History Ⅳ 
担当者氏名

野上 博義

対象研究科・専攻 法学研究科法律学専攻博士後期課程 
学期 後期 
単位数



準備学習・事後学習
テキストを読んでおくこと。 
授業の概要と目的
前期の法制史Ⅲと同様に、モンテスキュー著『法の精神』(1748年)を読む。ただし、前期の講義の続編としてではなく、より特殊にフランスの法的歴史を扱っている第六部(下巻)を題材にする。この書物をとおして、大学院博士課程の学生として恥ずかしくない知性を磨くこと。 
到達目標
知的好奇心を豊かにし、知識と判断力と広い視野を持ち、かつ忍耐力のある法学研究者の育成。 
授業内容
番号 【項目欄】 【内容欄】
1. 『法の精神』を読む  第二十七編「相続に関するローマ人の法律の起源と変遷について」を読み解く 
2. 『法の精神』を読む  第二十八編「フランス人における公民の法律の起源と変遷について」を読み解く 
3. 『法の精神』を読む   ゲルマン人の法律に関して 
4. 『法の精神』を読む   ローマ人の法律について 
5. 『法の精神』を読む   ゲルマン法とローマ法の変遷に関して 
6. 『法の精神』を読む   裁判決闘に関して 
7. 『法の精神』を読む   ルイ聖王の治世に関して 
8. 『法の精神』を読む   教会裁判に関して 
9. 『法の精神』を読む  第三十編「王国の成立との関係におけるフランク族の封建制の法律の理論」を読み解く 
10. 『法の精神』を読む   封建制に関して 
11. 『法の精神』を読む   封建社会における土地と人に関して 
12. 『法の精神』を読む  第三十一編「王国の変遷との関係におけるフランク族の封建制の法律の理論」を読み解く 
13. 『法の精神』を読む   宮宰の地位と権限について 
14. 『法の精神』を読む   シャルルマーニュに至るフランク国家に関して 
15. 『法の精神』を読む   ユーグ・カペーに至るフランス史について 
授業形態・方法
各編は多くの章に分かれ、各章には細かい段落がある。授業では、段落ごとの音読の後、内容について語り合う。 
成績評価方法及び評価基準
授業参加度(25%)・発言頻度(25%)・授業態度(25%)と適宜行ってもらう報告(25%)。 
その他(履修条件・関連科目など)
特になし。 
テキスト
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 『法の精神』(下巻)  モンテスキュー著(野田良之他訳)   岩波書店 
参考資料文献等
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
参考URL
1. 特になし   
画像
ファイル
更新日付 2020/03/04 17:11


PAGE TOP