シラバス参照

科目名 企業法2(金融・有価証券法) 
科目名(英字) Business Law Ⅱ(Finance and Securities) 
担当者氏名

長谷川 乃理

対象研究科・専攻 法学研究科法律学専攻修士課程 
学期 後期 
単位数



準備学習・事後学習
講義内で課される事前の課題に取り組む必要があります。最低でも、2時間から4時間程度はかかります。

講義内の課題については、適宜解説を行います。質問にも応じます。 
授業の概要と目的
主に企業の資金調達に関する様々な手法を学ぶとともに、様々な利害関係者の立場で事例を研究する。 
到達目標
株式・有価証券に関する会社法・手形小切手法上の様々な法制度を正しく理解し、応用できるようになる。 
授業内容
番号 【項目欄】 【内容欄】
1. オリエンテーション  企業にとって資金調達とは 
2. 資金調達に関する法規制1  調達方法から見た資金調達の分類 
3. 資金調達に関する法規制2  事例研究 
4. 資金調達に関する法規制3  事例研究 
5. 資金調達に関する法規制4  事例研究 
6. 資金調達に関する法規制5  中小企業における資金調達の特徴 
7. 資金調達に関する法規制6  中小企業における資金調達の事例研究 
8. 資金調達に関する法規制7  上場会社が行う資金調達に関する法規制 
9. 資金調達に関する法規制8  クラウドファンディングと法的責任 
10. 資金調達に関する法規制9  事例研究 
11. 資金調達に関する法規制10  事例研究 
12. 資産の流動化に関する法規制1  不動産の流動化と債権の流動化に関する法規制、REIT等 
13. 資産の流動化に関する法規制2  事例研究 
14. 資産の流動化に関する法規制3  事例研究 
15. 講義のまとめ  まとめ 
授業形態・方法
基本的にゼミ形式をとります。 
成績評価方法及び評価基準
講義内発言50%、講義内・最終レポート50%で判断します。
なお、欠席5回で欠格とします。 
その他(履修条件・関連科目など)
商法・会社法についてのみならず、学部レベルの民法、知的財産法、法人税法等の知識があることを前提にしています。 
テキスト
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 初回に相談     
参考資料文献等
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
参考URL
画像
ファイル
更新日付 2020/02/27 15:05


PAGE TOP