シラバス参照

科目名 経済法2(各論) 
科目名(英字) Economic Law Ⅱ(Case Study) 
担当者氏名

川原 勝美

対象研究科・専攻 法学研究科法律学専攻修士課程 
学期 後期 
単位数



準備学習・事後学習
事前学習として、前回のレジュメ・ノートを確認しておくこと。
事後学習として、今回の授業で扱った内容・キーワード・事例について、参考文献で復習すること。 
授業の概要と目的
独占禁止法の基礎的理解を前提に、重要事例や最新事例を検討する。また、関連する事業法規制についても必要に応じて検討する。 
到達目標
独占禁止法の重要事例や最新事例を学び、事案処理の基礎と応用を身につける。 
授業内容
番号 【項目欄】 【内容欄】
1. ガイダンス  授業の進め方など 
2. 事例報告と検討  不当な取引制限(1) 
3. 事例報告と検討  不当な取引制限(2) 
4. 事例報告と検討  企業結合(1) 
5. 事例報告と検討  企業結合(2) 
6. 事例報告と検討  不公正な取引方法(1) 
7. 事例報告と検討  不公正な取引方法(2) 
8. 事例報告と検討  不公正な取引方法(3) 
9. 事例報告と検討  不公正な取引方法(4) 
10. 事例報告と検討  不公正な取引方法(5) 
11. 事例報告と検討  不公正な取引方法(6) 
12. 事例報告と検討  不公正な取引方法(7) 
13. 事例報告と検討  私的独占(1) 
14. 事例報告と検討  私的独占(2) 
15. まとめ  これまでの学習をふりかえって 
授業形態・方法
演習形式なので、受講生の自主的な学習、及び毎回指示される課題の作成と報告が求められます。また、大学院の授業であるから、英語文献による外国法研究を行っていただくことがあります。 
成績評価方法及び評価基準
課題の内容に基づいて成績評価します(100%)。 
その他(履修条件・関連科目など)
学部レベルの経済法の知識があることを前提として授業を進めます。 
テキスト
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 授業の際に指示する。     
参考資料文献等
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 経済法判例・審決百選  舟田正之ほか編  有斐閣 
参考URL
1. 特になし   
画像
ファイル
更新日付 2020/01/23 18:07


PAGE TOP