シラバス参照

科目名 民法2(債権総論) 
科目名(英字) Civil Law Ⅱ(Law of General Obligations) 
担当者氏名

仮屋 篤子

対象研究科・専攻 法学研究科法律学専攻修士課程 
学期 後期 
単位数



準備学習・事後学習
準備学習:次回の授業範囲について、指定されたテキストで1時間予習し、必要な条文を確認しておくこと。事後学習:ノートやテキストによる復習に、2時間程度取り組むこと。  
授業の概要と目的
科目名は「債権総論」となっているが、広く債権法改正を取り扱う。
授業時間が限られているため、すべてを網羅的に扱うことはできないが、特に改正前の民法との違いに焦点を当てた授業となる。
債権法改正の基本的な理解をすることを目的とする。 
到達目標
債権法改正についての基本的な知識を得る。 
授業内容
番号 【項目欄】 【内容欄】
1. 1.ガイダンス 2.債権法改正の概要  1.授業の進め方について説明する。 
2.今回の債権法改正の概要を説明する。 
2. 3.総則(1)  ・意思能力
・行為能力
・物
・公序良俗 
3. 4.総則(2)  ・心裡留保
・錯誤
・詐欺・強迫
・取消 
4. 5.総則(3)  ・意思表示
・代理
・時効 
5. 6.債権総論(1)  ・法定利率
・債務不履行 
6. 7.債権総論(2)  ・債権者代位権 
・詐害行為取消権(1) 
7. 8.債権総論(3)  ・詐害行為取消権(2) 
8. 9.債権総論(4)  ・多数当事者の債権及び債務 
9. 10.債権総論(5)  ・債権譲渡  
10. 11.債権総論(6)  ・弁済 
・相殺  
11. 12.契約総論  ・契約の成立 
・解除 
12. 13.契約各論(1)  ・贈与 
・売買 
13. 14.契約各論(2)  ・消費貸借 
・使用貸借 
14. 15.契約各論(3)  ・賃貸借 
15. 16.契約各論(4)  ・請負 
・委任 
・寄託 
・組合 
授業形態・方法
講義 
成績評価方法及び評価基準
議論30%、最終レポート70% 
その他(履修条件・関連科目など)
テキスト
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. コア・テキスト 民法Ⅰ民法総則(第2版)  平野裕之  新世社 
2. コア・テキスト 民法Ⅳ 債権総論(第2版)  平野裕之  新世社 
3. コア・テキスト 民法Ⅴ 契約法(第2版)  平野裕之  新世社 
参考資料文献等
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. Before/After民法改正  潮見・北居・高須・赫・中込・松岡=編著  弘文堂 
2. 民法(債権関係)改正法の概要  潮見佳男  きんざい 
参考URL
画像
ファイル
更新日付 2020/03/02 14:59


PAGE TOP