シラバス参照

科目名 民法特殊研究指導1 
科目名(英字) Seminar in Civil Law Ⅰ 
担当者氏名

菊地 秀典

対象研究科・専攻 法学研究科法律学専攻博士後期課程 
学期 通年 
単位数



準備学習・事後学習
論文のテーマ候補について先行研究等の資料を収集しておくこと。事後には演習で学習した内容を整理検討しておくこと。 
授業の概要と目的
論文を執筆する学生を指導する。 
到達目標
論文を完成させる。 
授業内容
番号 【項目欄】 【内容欄】
1. 先行研究等の報告1  受講者が収集した先行研究等の資料(関連判例を含む)を検討した結果を報告してもらい議論する。 
2. 先行研究等の報告2  受講者が収集した先行研究等の資料(関連判例を含む)を検討した結果を報告してもらい議論する。 
3. 先行研究等の報告3  受講者が収集した先行研究等の資料(関連判例を含む)を検討した結果を報告してもらい議論する。 
4. 先行研究等の報告4  受講者が収集した先行研究等の資料(関連判例を含む)を検討した結果を報告してもらい議論する。 
5. 先行研究等の報告5  受講者が収集した先行研究等の資料(関連判例を含む)を検討した結果を報告してもらい議論する。 
6. 先行研究等の報告6  受講者が収集した先行研究等の資料(関連判例を含む)を検討した結果を報告してもらい議論する。 
7. 先行研究等の報告7  受講者が収集した先行研究等の資料(関連判例を含む)を検討した結果を報告してもらい議論する。 
8. 先行研究等の報告8  受講者が収集した先行研究等の資料(関連判例を含む)を検討した結果を報告してもらい議論する。 
9. 先行研究等の報告9  受講者が収集した先行研究等の資料(関連判例を含む)を検討した結果を報告してもらう。 
10. 先行研究等の報告10  受講者が収集した先行研究等の資料(関連判例を含む)を検討した結果を報告してもらう。 
11. 先行研究等の報告11  受講者が収集した先行研究等の資料(関連判例を含む)を検討した結果を報告してもらう。 
12. 先行研究等の報告12  受講者が収集した先行研究等の資料(関連判例を含む)を検討した結果を報告してもらう。 
13. 先行研究等の報告13  受講者が収集した先行研究等の資料(関連判例を含む)を検討した結果を報告してもらう。 
14. 先行研究等の報告14  受講者が収集した先行研究等の資料(関連判例を含む)を検討した結果を報告してもらう。 
15. 先行研究等の報告15  受講者が収集した先行研究等の資料(関連判例を含む)を検討した結果を報告してもらう。 
16. 先行研究等の報告16  受講者が収集した先行研究等の資料(関連判例を含む)を検討した結果を報告してもらう。 
17. 先行研究等の報告17  受講者が収集した先行研究等の資料(関連判例を含む)を検討した結果を報告してもらう。 
18. 先行研究等の報告18  受講者が収集した先行研究等の資料(関連判例を含む)を検討した結果を報告してもらう。 
19. 先行研究等の報告19  受講者が収集した先行研究等の資料(関連判例を含む)を検討した結果を報告してもらう。 
20. 先行研究等の報告20  受講者が収集した先行研究等の資料(関連判例を含む)を検討した結果を報告してもらう。 
21. 先行研究等の報告21  受講者が収集した先行研究等の資料(関連判例を含む)を検討した結果を報告してもらう。 
22. 先行研究等の報告22  受講者が収集した先行研究等の資料(関連判例を含む)を検討した結果を報告してもらう。 
23. 先行研究等の報告23  受講者が収集した先行研究等の資料(関連判例を含む)を検討した結果を報告してもらう。 
24. 先行研究等の報告24  受講者が収集した先行研究等の資料(関連判例を含む)を検討した結果を報告してもらう。 
25. 論文構成・今後の方針の検討等1  先行研究等(関連判例を含む)の検討の結果を踏まえて、論文構成のあり方を再検討し今後の方向性等について考察する。 
26. 論文構成・今後の方針の検討等2  先行研究等(関連判例を含む)の検討の結果を踏まえて、論文構成のあり方を再検討し今後の方向性等について考察する。 
27. 論文構成・今後の方針の検討等3  先行研究等(関連判例を含む)の検討の結果を踏まえて、論文構成のあり方を再検討し今後の方向性等について考察する。 
28. 論文構成・今後の方針の検討等4  先行研究等(関連判例を含む)の検討の結果を踏まえて、論文構成のあり方を再検討し今後の方向性等について考察する。 
29. 論文構成・今後の方針の検討等5  先行研究等(関連判例を含む)の検討の結果を踏まえて、論文構成のあり方を再検討し今後の方向性等について考察する。 
30. 論文構成・今後の方針の検討等6  先行研究等(関連判例を含む)の検討の結果を踏まえて、論文構成のあり方を再検討し今後の方向性等について考察する。 
授業形態・方法
演習 
成績評価方法及び評価基準
先行研究等の報告80%、議論の内容20%。 
その他(履修条件・関連科目など)
特になし 
テキスト
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特に定めない。     
参考資料文献等
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 適宜指示する。     
参考URL
画像
ファイル
更新日付 2020/03/13 12:25


PAGE TOP