シラバス参照

科目名 私法研究指導1 
科目名(英字) Directed Research on Private Law Ⅰ 
担当者氏名

仮屋 篤子

対象研究科・専攻 法学研究科法律学専攻修士課程 
学期 通年 
単位数



準備学習・事後学習
民法分野の研究指導を行う。各研究テーマに沿って、論点を整理し、学説・判例を踏まえて議論できるように準備すること。授業後は、議論を踏まえて、研究を進めること。 
授業の概要と目的
受講生各自の研究テーマに沿って、民法の論点を研究し、修士論文の作成に向けた準備を行います。 
到達目標
民法分野における知識を深め、法的思考方法を身につけることによって、修士論文を作成する力を身につけます。 
授業内容
番号 【項目欄】 【内容欄】
1. ガイダンス  法律学における研究と論文作成について 
2. 研究テーマの策定(1)  各受講生の研究テーマの策定をします。 
3. 研究テーマの策定(2)  各受講生の研究テーマの策定をします。 
4. 資料の収集(1)  研究のための資料の収集方法を学習します。 
5. 資料の収集(2)  研究のための資料の収集方法を学習します。 
6. 判例研究(1)  研究のための判例研究の方法を学習します 
7. 判例研究(2)  研究のための判例研究の方法を学習します。 
8. 判例研究(3)  各受講生の研究テーマに関連する判例について、報告と議論を行います。 
9. 判例研究(4)  各受講生の研究テーマに関連する判例について、報告と議論を行います。 
10. 判例研究(5)  各受講生の研究テーマに関連する判例について、報告と議論を行います。 
11. 学説研究(1)  研究のための学説の研究方法を学習します。 
12. 学説研究(2)  研究のための学説の研究方法を学習します。 
13. 学説研究(3)  各受講生の研究テーマに関連する学説について、報告と議論を行います。 
14. 学説研究(4)  各受講生の研究テーマに関連する学説について、報告と議論を行います。 
15. 学説研究(5)  各受講生の研究テーマに関連する学説について、報告と議論を行います。 
16. 研究テーマ報告(1)  各受講生の研究テーマについて、研究の進捗状況の報告と議論を行います。 
17. 研究テーマ報告(2)  各受講生の研究テーマについて、研究の進捗状況の報告と議論を行います。 
18. 研究テーマ報告(3)  各受講生の研究テーマについて、研究の進捗状況の報告と議論を行います。 
19. 研究テーマ報告(4)  各受講生の研究テーマについて、研究の進捗状況の報告と議論を行います。 
20. 研究テーマ報告(5)  各受講生の研究テーマについて、研究の進捗状況の報告と議論を行います。 
21. 研究テーマ報告(6)  各受講生の研究テーマについて、研究の進捗状況の報告と議論を行います。 
22. 研究テーマ報告(7)  各受講生の研究テーマについて、研究の進捗状況の報告と議論を行います。 
23. 研究テーマ報告(8)  各受講生の研究テーマについて、研究の進捗状況の報告と議論を行います。 
24. 研究テーマ報告(9)  各受講生の研究テーマについて、研究の進捗状況の報告と議論を行います。 
25. 研究テーマ報告(10)  各受講生の研究テーマについて、研究の進捗状況の報告と議論を行います。 
26. 研究テーマ報告(11)  各受講生の研究テーマについて、研究の進捗状況の報告と議論を行います。 
27. 研究テーマ報告(12)  各受講生の研究テーマについて、研究の進捗状況の報告と議論を行います。 
28. 研究テーマ報告(13)  各受講生の研究テーマについて、研究の進捗状況の報告と議論を行います。 
29. 研究テーマ報告(14)  各受講生の研究テーマについて、研究の進捗状況の報告と議論を行います。 
30. まとめ  全体のまとめをします。 
授業形態・方法
演習 
成績評価方法及び評価基準
レジュメによる報告70%、議論への参加・発言30%で評価します。 
その他(履修条件・関連科目など)
特になし 
テキスト
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 授業において適宜指示します。     
参考資料文献等
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 授業において適宜指示します。     
参考URL
画像
ファイル
更新日付 2019/12/23 17:42


PAGE TOP