シラバス参照

科目名 基礎法学研究指導1 
科目名(英字) Directed Research on Fundamental Law Ⅰ 
担当者氏名

平井 亮輔

対象研究科・専攻 法学研究科法律学専攻修士課程 
学期 通年 
単位数



準備学習・事後学習
進捗に応じて次回の講読部分を読み込んで報告準備を行い(1時間程度)、講読をふまえて自身の研究を進展させること(1時間程度)。 
授業の概要と目的
受講者の問題関心を考慮して選定した法哲学に関する重要文献の講読・討論を行なうなかで、修士論文のテーマ決定と論文作成に向けた指導と準備作業を行なう。 
到達目標
受講者の研究テーマに関する専門的知見を深め、修士論文作成の能力・技法を養う。 
授業内容
番号 【項目欄】 【内容欄】
1. はじめに  受講者の関心に配慮しつつ、講読する文献を決定する。 
2. 法哲学文献講読  選定した文献を講読する(1)。 
3. 法哲学文献講読  選定した文献を講読する(2)。 
4. 法哲学文献講読  選定した文献を講読する(3)。 
5. 法哲学文献講読  選定した文献を講読する(4)。 
6. 法哲学文献講読  選定した文献を講読する(5)。 
7. 法哲学文献講読  選定した文献を講読する(6)。 
8. 法哲学文献講読  選定した文献を講読する(7)。 
9. 法哲学文献講読  選定した文献を講読する(8)。 
10. 法哲学文献講読  選定した文献を講読する(9)。 
11. 法哲学文献講読  選定した文献を講読する(10)。 
12. 法哲学文献講読  選定した文献を講読する(11)。 
13. 法哲学文献講読  選定した文献を講読する(12)。 
14. 法哲学文献講読  選定した文献を講読する(13)。 
15. 法哲学文献講読  選定した文献を講読する(14)。 
16. 研究報告1  受講者の研究テーマと構想を発表し、討論する。 
17. 法哲学文献講読  受講者の研究テーマに即した文献を講読する(1)。 
18. 法哲学文献講読  受講者の研究テーマに即した文献を講読する(2)。 
19. 法哲学文献講読  受講者の研究テーマに即した文献を講読する(3)。 
20. 法哲学文献講読  受講者の研究テーマに即した文献を講読する(4)。 
21. 法哲学文献講読  受講者の研究テーマに即した文献を講読する(5)。 
22. 法哲学文献講読  受講者の研究テーマに即した文献を講読する(6)。 
23. 研究報告2  受講者の研究の進捗状況を中間発表し、討論・講評する。 
24. 法哲学文献講読  受講者の研究テーマに即した文献を講読する(1)。 
25. 法哲学文献講読  受講者の研究テーマに即した文献を講読する(2)。 
26. 法哲学文献講読  受講者の研究テーマに即した文献を講読する(3)。 
27. 法哲学文献講読  受講者の研究テーマに即した文献を講読する(4)。 
28. 法哲学文献講読  受講者の研究テーマに即した文献を講読する(5)。 
29. 法哲学文献講読  受講者の研究テーマに即した文献を講読する(6)。 
30. 研究報告3  受講者の研究レポートを提出・発表し、討論・講評する。 
授業形態・方法
演習(文献講読、研究報告、討論)形式で行なう。 
成績評価方法及び評価基準
講読文献の分担報告と討論への参加(50%)と研究レポート(50%)により評価する。 
その他(履修条件・関連科目など)
主として英語文献を講読するため、英語読解力が必要である。 
テキスト
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 適宜指示する。     
参考資料文献等
番号 【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 適宜紹介する。     
参考URL
1. 特になし   
画像
ファイル
更新日付 2020/02/27 15:48


PAGE TOP