シラバス参照

科目名 卒業研究ゼミナール 
担当者氏名

志村 ゆず

全開講対象学科 人間学部人間学科
年次 4年次 
クラス  
講義学期 通年 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-ゼミナール 
備考  



準備学習・事後学習
定期的に相談に来ることが望ましい。相談に来る時には現在の進行状況について資料を作成し、質問内容を明らかにし、与えられた課題を次の相談時までに必ずやっておくこと。毎回授業時間の2倍の自学自習をすること。 
履修上の留意
データ解析入門(心理系)、心理データ解析、心理学演習Ⅰを受講しておくことが望ましい 
授業の概要と目的
本科目はCP3およびDP1、DP2、DP3に位置する。研究計画から実施、先行研究のまとめ、心理学の卒業論文の執筆をおこなう。(科目ナンバリングコード:HH41601) 
サブタイトル
到達目標
研究プロセスを実体験で知る、フィールド場面におけるアクションリサーチ、基本的なデータ解析の実施、卒業論文の執筆と発表 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. オリエンテーション  全体スケジュールの説明、執筆方法概要 
2. 研究計画1  具体的な研究手続きの構築、対象者の設定、依頼方針などを決定する。その途中経過を報告する 
3. 研究計画2  具体的な研究手続きの構築、対象者の設定、依頼方針などを決定する。その途中経過を報告する 
4. 研究計画書の提出  具体的な研究手続きの構築、対象者の設定、依頼方針などを決定する。その途中経過を報告する <5月上旬まで> 
5. 調査や実験の方針準備  調査や実験の方針を決めて、材料を用意する 
6. 入力とデータ整備  入力とデータ整備<9月末まで> 
7. データの加工  データの整理<10月上旬> 
8. 分析計画  分析計画を立て、記述統計量を算出する。 表づくり 
9. 統計処理1  データの処理を行う。8の分析計画に合わせて個別の研究にあった分析を実施する。 
10. 統計処理を論文にまとめる  統計処理に基づいて結果を執筆する。 
11. 統計処理2  個別の研究計画に合わせた統計解析を行う。 
12. 統計処理を論文にまとめる  統計処理に基づいて結果を執筆する 
13. 統計処理3  個別の研究計画に合わせた統計解析を行う。 
14. 結果の記述  分析結果から、図表などを作成し、結果を記述する 
15. 中間報告会  夏の合宿を行い、卒業論文の進行状況を報告する。(2泊3日) 
16. 卒業論文のアウトラインを作成する。  論文全体のアウトラインを作成する。 
17. 論文の執筆(方法)  研究の手続きから方法を作成する。図や表づくりなど 
18. 論文の執筆(結果1)  心理学の形式に合わせた表づくりを行う。 
19. 論文の執筆(結果2)  表を見ながら、内容を整理し、文章を執筆する。 
20. 論文の執筆(結果3)  必要な内容で、グラフなども加える。 
21. 論文の執筆(結果4)  必要な分析が行われているか、研究計画をみながら見直す。 
22. 論文の執筆(問題)  先行研究がもれなく、レビューされているのか確認する。 
23. 論文の執筆(問題)  問題提起と目的がきちんと書かれているのか確認する。 
24. 論文の執筆(考察)  結果の概要が書かれているのか確認する。 
25. 論文の執筆(考察)  結果からどのような点を考察をするのかアウトラインを立てておく。 
26. 論文の執筆(考察)  問題部分と対応させながら考察を展開する。 
27. 論文の執筆(考察)  必要な内容が考察されているかを確認する。 
28. 論文の執筆(引用文献)  引用文献をもれなく、形式に合わせて記載する。 
29. 論文の執筆(概要の作成)  論文全体の概要を1000字でまとめ、本文全体を編集し、誤植を修正する。 
30. 卒業論文報告会  発表用資料を作成し、発表を行う。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 授業時に指示     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 授業時に指示     
授業方法の形式
ゼミナール 
成績評価方法及び評価基準
ゼミを通じての受講態度、研究態度、卒論の充実度、卒論発表会の様子を総括して評価をおこなう。(論文50%、参加態度30%、発表20%) 
受講生へのメッセージ
1年間はあっという間です。就職活動などと重複するので計画的に行い、早め早めの作業ですすめましょう。ゼミの仲間と協力して力を合わせて乗り切りましょう 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2019/12/27 16:44


PAGE TOP