シラバス参照

科目名 薬学卒業応用演習1(薬学教育開発センター) 
担当者氏名

田口 忠緒

飯田 耕太郎

川村 智子

武田 直仁

植田 康次

武永 尚子

全開講対象学科 薬学部(6年)薬学科
年次 5年次 
クラス  
講義学期 集中 
単位数
必選区分 選択科目 
学期・曜日・時限  
部門 薬学アドバンスト教育部門-薬学研究科目群 
備考  



準備学習・事後学習
毎回、講義時間の2倍以上の自学自習をすること。4年次に与えられた各自の卒業論文のテーマを基に、各自で準備するべき事項について担当する教官と綿密な打合せをしておくこと。 文献購読セミナーの際の資料は、各自で整理しておいてください。 
履修上の留意
卒論研究を実施する際には、膨大な資料を読破しながら、その都度内容を整理してまとめる必要があります。これらを適切に管理することが重要なので各自で適切な管理方法を決めておくこと。 
個々に学修内容(卒論テーマ)が異なるので、担当教官と繰り返して議論を重ねながら、自主的かつ積極的な姿勢で学修する必要があります。 
授業の概要と目的
効果的な薬学教育を実施するために必要となる事項について調査・研究を行い、これからの医療人として社会に貢献するために要求される新しい要素を発見する。本授業はCP④およびDP④、⑤に該当する。(科目ナンバリングコード:PP51703) 
サブタイトル
これからの薬剤師を育成するための効果的な薬学教育について考えよう。 
到達目標
生体及び環境に対する医薬品・化学物質などの影響を理解するために必要な科学に関する知識・技能を十分に身につける。これまでに学んだ各領域の知識を土台として、特定の分野に深い専門性を磨く。新たな課題にチャレンジする創造的精神を養う。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 調査・研究  薬剤師国家試験問題に繁用される(症例・化合物・医薬品)に関する調査・研究。出題頻度、正答率、出題分野、教科との関連、解答に必要な理論・記憶すべき事項について調査する。その① 
2. 調査・研究  薬剤師国家試験問題に繁用される(症例・化合物・医薬品)に関する調査・研究。出題頻度、正答率、出題分野、教科との関連、解答に必要な理論・記憶すべき事項について調査する。その② 
3. 調査・研究  学生と共に考える新しい学生実習の展開についての調査・研究。各種実習における内容理解度と修得技能の整合性について調査する。その① 
4. 調査・研究  学生と共に考える新しい学生実習の展開についての調査・研究。各種実習における内容理解度と修得技能の整合性について調査する。その② 
5. 調査・研究  生薬・漢方薬と健康リスクに関する調査・研究。生薬成分・漢方製剤による副作用などについて調査する。 
6. 調査・研究  身の回りの化学物質の理解を深める実習項目の開発。環境・食品中の化学物質について実習で利用可能な測定法を調査、検討する。 
7. 調査・研究  健康サポート薬局に対する薬剤師と顧客の意識調査に関する研究。 
8. 調査・研究  地域住民の健康維持・増進を目的とした取組みに参加する薬学生の有用性。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
授業方法の形式
研究、セミナー 
成績評価方法及び評価基準
薬学卒業応用演習評価表を用いて評価を行う。3分の2以上の出席がない場合は欠格とする。 
受講生へのメッセージ
将来、薬剤師として活躍する際に、ヒントとなるような卒業研究をしてください。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2019/12/26 15:32


PAGE TOP