シラバス参照

科目名 薬学卒業応用演習1(薬効解析学) 
担当者氏名

永松 正

小島 良二

全開講対象学科 薬学部(6年)薬学科
年次 5年次 
クラス  
講義学期 集中 
単位数
必選区分 選択科目 
学期・曜日・時限  
部門 薬学アドバンスト教育部門-薬学研究科目群 
備考  



準備学習・事後学習
毎回、演習時間の2倍以上の自学自習をすること。
1.4年次に習得した基本技術および知識の復習をすること。
2.4年次に実施した研究内容を事前に整理しておくこと。
3.文献検索方法および統計解析を予習しておく。 
履修上の留意
1.卒業研究は、学部で実施する実習とは違い、主体的に実施すること。
2.自身の研究を実施するだけでなく、下級生、上級生と協調して研究活動を行うこと。
3.研究の目的と実験の目的、調査の目的と調査の結果を把握する。
4.病院・薬局コースは、該当施設で症例情報を収集し、情報を整理する。
5.基本的にはペアで研究を実施する。
6. 研究テーマにより1人で研究を行う場合がある。また、毎月行う報告会のため実験結果をまとめ日頃から準備をする。
7. 他施設(病院、薬局)にて卒業研究を行う学生は、実施施設でのルールを遵守すること。 
授業の概要と目的
主にセミナー形式で行い、薬学卒業研究1を実施する上で必要な知識・技術の補完を目的とする。本授業はCP④およびDP④、⑤に該当する。(科目ナンバリングコード:PP51703) 
サブタイトル
糖尿病性腎症の発症機構の解明、
自律神経系作用薬の薬効を知る、
細胞のストレス応答およびスプラシング調節の分子機構の理解、
分子シャペロン分子およびスプラシング調節分子の構造/機能の解明 
到達目標
生体及び環境に対する医薬品・化学物質などの影響を理解するために必要な科学に関する知識・技能を十分に身につける。これまでに学んだ各領域の知識を土台として、特定の分野に深い専門性を磨く。新たな課題にチャレンジする創造的精神を養う。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 4年次までに実施した研究内容に関する疑問点の抽出  4年次までに実施した研究内容に関する疑問点を抽出することで、今後の卒業研究実施に不足している知識・技術を知る。 
2. 調査研究(1)永松  PUBMED等を用いて、糖尿病性腎症とミトコンドリアに関する最新の知見および実験手法を精査し、自己の卒業研究に活用できるかどうか、教員-学生間で吟味する。 
3. 調査研究(2)永松  PUBMED等を用いて、糖尿病性腎症とポドサイトに関する最新の知見および実験手法を精査し、自己の卒業研究に活用できるかどうか、教員-学生間で吟味する。 
4. 調査研究(3)分子シャペロンの分子機能に関する最近の知見を調査する。  PUBMED等を用いて、分子シャペロンの分子機能に関する最近の知見および実験方法を精査し、自分の卒業研究に活用できるか否かを担当教員並びに学生間で討議する。 
5. 調査研究(4)スプラシング調節分子の機能に関する最近の知見を調査する。  PUBMED等を用いて、スプラシング調節分子の機能に関する最近の知見および実験方法を精査し、自分の卒業研究に活用できるか否かを担当教員並びに学生間で討議する。 
6. オーバービュー  抽出した研究内容に関する疑問点が解決したかどうか、教員-学生間でディスカッションおよびプレゼンテーションを行い、得られた知識・技術を共有する。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
授業方法の形式
調査研究 
成績評価方法及び評価基準
薬学卒業応用演習評価表を用いて評価を行う。3分の2以上の出席がない場合は欠格とする。 
受講生へのメッセージ
問題発見能力、問題解決能力を身につけ、研究成果を公表できる力が付けば、社会に貢献できる人物となれます。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2019/12/26 15:24


PAGE TOP