シラバス参照

科目名 薬学卒業応用演習1(薬剤学) 
担当者氏名

灘井 雅行

加藤 美紀

榊原 有季子

全開講対象学科 薬学部(6年)薬学科
年次 5年次 
クラス  
講義学期 集中 
単位数
必選区分 選択科目 
学期・曜日・時限  
部門 薬学アドバンスト教育部門-薬学研究科目群 
備考  



準備学習・事後学習
薬物動態学についての広範囲な知識を習得しておくこと。毎回、講義時間の2倍以上の自学自習をすること。 
履修上の留意
研究を進めるためには薬剤学、 臨床医学、 製剤学、 薬理学、 生化学、 生理学など、 広範な知識が必要である。 また、 研究に興味を持ち、 自らの力を最大限発揮して取り組む姿勢が望まれる。 
授業の概要と目的
本科目では、薬物療法をより適正に行うための情報として、様々な薬物の体内動態(吸収、分布、代謝、排泄)の規定因子を明らかにするとともに、疾患や併用薬物が、薬物体内動態に対して、どのような機序で、どのような影響を及ぼすのかを解明するため、実験動物を用い、生物薬剤学的手法、生化学的手法、分子生物学的手法、薬物速度論的手法を駆使して研究を行う。また、ナノマテリアルであるカーボンナノチューブの安全性の評価、医療分野における有用性について研究を実施する。その上で、研究分野に関連した論文を調査し、自らの結果と比較検討することで、研究の意義、位置づけについて考察する。
本授業はCP④およびDP④、⑤に該当する。(科目ナンバリングコード:PP51703) 
サブタイトル
薬物療法や薬物投与計画を立案するときに必要な考え方や知識を研究を通じて習得する。 
到達目標
生体及び環境に対する医薬品・化学物質などの影響を理解するために必要な科学に関する知識・技能を十分に身につける。これまでに学んだ各領域の知識を土台として、特定の分野に深い専門性を磨く。新たな課題にチャレンジする創造的精神を養う。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 薬物代謝  薬物の肝臓における代謝の機序および代謝能に影響を及ぼす因子の解明 
2. 薬物代謝  薬物の肝外臓における代謝の機序および代謝能に影響を及ぼす因子の解明 
3. 薬物トランスポーター  薬物体内動態に対する各種トランスポーターの役割の解明 
4. 疾患と薬物動態  消化管障害、腎障害、肝障害などの各種疾患時における薬物体内動態の変化とその機序の解明 
5. 薬物相互作用  薬物の膜透過、血漿タンパク結合、肝および小腸での代謝、腎排泄における薬物相互作用とその機序の解明 
6. 医薬品製剤評価  ジェネリック医薬品、OTC医薬品の安全性、有効性の評価 
7. カーボンナノチューブの有用性と安全性  カーボンナノチューブの有用性の評価 
8. カーボンナノチューブの有用性と安全性  カーボンナノチューブの安全性の評価 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
授業方法の形式
実験とセミナー 
成績評価方法及び評価基準
薬学卒業応用演習評価表を用いて評価を行う。3分の2以上の出席がない場合は欠格とする。 
受講生へのメッセージ
研究を通して薬物動態学、 製剤学、 薬理学、 生化学、 生理学、分子生物学などをより深く理解するとともに、問題を解決する能力を身に付け、医師や他のコメディカルと協力して患者のための薬物治療が実践できる薬剤師になることを目指して欲しい。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2019/12/18 12:53


PAGE TOP