シラバス参照

科目名 薬学卒業応用演習1(天然物化学) 
担当者氏名

井藤 千裕

髙谷 芳明

全開講対象学科 薬学部(6年)薬学科
年次 5年次 
クラス  
講義学期 集中 
単位数
必選区分 選択科目 
学期・曜日・時限  
部門 薬学アドバンスト教育部門-薬学研究科目群 
備考  



準備学習・事後学習
毎回、講義時間の2倍以上の自学自習をすること。これまでに学習した内容について復習をしておく。与えられたテーマについて調査を行い、その内容をまとめ、プレゼンテーションの準備をしておく。また、プレゼンテーションのときにされた質問については、しっかりと復習する。 
履修上の留意
医療に関する知識を深化させるため、特定の分野の専門性を高める。また、問題解決能力を身につける。 
授業の概要と目的
医療人として必要な論理的思考力と科学的視点を培い、探究心と創造力を育むことを目標とする。特定の分野の専門性を高めるために、その領域の最先端の情報を収集し、まとめ、発表する。(科目ナンバリングコード:PP51703)
本授業はCP④およびDP④、⑤に該当する。 
サブタイトル
天然有機化合物の単離・精製、構造決定、生物活性に関する専門知識の修得 
到達目標
生体及び環境に対する医薬品・化学物質などの影響を理解するために必要な科学に関する知識・技能を十分に身につける。
これまでに学んだ各領域の知識を土台として、特定の分野に深い専門性を磨く。新たな課題にチャレンジする創造的精神を養う。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 1A 天然有機化合物の単離・精製、構造決定、生物活性(1)  天然有機化合物の単離・精製、構造決定、生物活性に関する基礎知識を身につけ、関連する最新情報を収集する。 
2. 1B 天然有機化合物の単離・精製、構造決定、生物活性(2)  天然有機化合物の単離・精製、構造決定、生物活性に関する基礎知識を身につけ、関連する最新情報を収集する。 
3. 1C 天然有機化合物の単離・精製、構造決定、生物活性(3)  天然有機化合物の単離・精製、構造決定、生物活性に関する基礎知識を身につけ、関連する最新情報を収集する。 
4. 1D 天然有機化合物の単離・精製、構造決定、生物活性(4)  天然有機化合物の単離・精製、構造決定、生物活性に関する基礎知識を身につけ、関連する最新情報を収集する。 
5. 2A 天然有機化合物の探索/精製、単離・構造決定、生物活性 (1)  生物活性を指標とし、植物、微生物などの天然資源から活性本体の精製・単離・構造決定に関する基礎知識を身につけ、実験を行う。 
6. 2B 天然有機化合物の探索/精製、単離・構造決定、生物活性 (2)  生物活性を指標とし、植物、微生物などの天然資源から活性本体の精製・単離・構造決定に関する基礎知識を身につけ、実験を行う。 
7. 2C  天然有機化合物の探索/精製、単離・構造決定、生物活性 (3)  生物活性を指標とし、植物、微生物などの天然資源から活性本体の精製・単離・構造決定に関する基礎知識を身につけ、実験を行う。 
8. 2D 天然有機化合物の誘導体の機能探索/誘導体調製、合成、生物活性  既知の天然有機化合物をリード化合物とし、その誘導体の調製や合成、生物活性に関する基礎知識を身につけ、実験を行う。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
授業方法の形式
調査・発表 
成績評価方法及び評価基準
薬学卒業応用演習評価表を用いて評価を行う。3分の2以上の出席がない場合は欠格とする。 
受講生へのメッセージ
薬学の専門性を高め、問題解決能力を育成してください。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2019/12/24 13:26


PAGE TOP