シラバス参照

科目名 薬学卒業研究1(薬効解析学) 
担当者氏名

小島 良二

永松 正

全開講対象学科 薬学部(6年)薬学科
年次 5年次 
クラス  
講義学期 集中 
単位数
必選区分 必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 薬学アドバンスト教育部門-薬学研究科目群 
備考  



準備学習・事後学習
毎回、演習時間の2倍以上の自学自習をすること。
1.4年次に習得した基本技術および知識の復習をすること。
2.4年次に実施した研究内容を事前に整理しておくこと。
3.文献検索方法および統計解析を予習しておく。 
履修上の留意
1.卒業研究は、学部で実施する実習とは違い、主体的に実施すること。
2.自身の研究を実施するだけでなく、下級生、上級生と協調して研究活動を行うこと。
3.研究の目的と実験の目的、調査の目的と調査の結果を把握する。
4.病院・薬局コースは、該当施設で症例情報を収集し、情報を整理する。
5.基本的にはペアで研究を実施する。
6. 研究テーマにより1人で研究を行う場合がある。また、毎月行う報告会のため実験結果をまとめ日頃から準備をする。
7. 他施設(病院、薬局)にて卒業研究を行う学生は、実施施設でのルールを遵守すること。 
授業の概要と目的
4年次後半から開始したより研究課題を発展させることを目的とする。
1.糖尿病性腎症の発症進展の解明。
腎ポドサイトを使ってAGE-コレステロール凝集アルブミンを取り込んだメサンギウム細胞の培養上清がポドサイトの形態やスリット膜に障害を与えるか、その機構を解明する。
2.細胞を用いた基礎研究および臨床研究を統合させた手法(トランスレーショナルリサーチ)による問題解決方法を理解する。
3.シミュレーターを用いて薬の作用を理解する。
4. 細胞のストレス応答およびスプラシング調節の分子機構を理解する。
5. 分子シャペロンおよびスプラシング調節分子の構造/機能の解明する。本授業はCP④およびDP④、⑤に該当する。(科目ナンバリングコード:PP51701) 
サブタイトル
糖糖尿病性腎症の発症機構の解明
病態・薬物の教育資材を作る
細胞のストレス応答およびスプラシング調節の分子機構の理解
分子シャペロンおよびスプラシング調節分子の構造/機能の解明 
到達目標
薬学卒業研究のGIO:薬学•医療の進歩と改善に資するために、研究を遂行する意欲と問題発見•解決能力を身につける。
○医療人として論理的思考力と科学的視点をもち、探究心と創造力を育む。
○薬学および生命科学研究を立案•推進し、その成果を効果的に発信できる能力を身につける。
○薬学・医療の進歩に対応するために、医療と医薬品を巡る社会的動向を把握し、生涯にわたり自己研鑽を続ける意欲と態度を身につける。
○次世代を担う人材を育成する意欲と態度を身につける。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 4年次後半に行った研究データのまとめとディスカッション  4年次後半に行った卒業研究の結果・意義について理解する。
今後の研究の方向性を指導教員とディスカッションする。卒業論文の大枠を決める。 
2. 卒業研究(1)  AGE-コレステロール凝集アルブミンを取り込んだメサンギウム細胞の培養液の培養ポドサイトのアクチンフィラメントに及ぼす影響をファロイジンと蛍光顕微鏡で観察する。 
3. 卒業研究(2)  AGE-コレステロール凝集アルブミンを取り込んだメサンギウム細胞の培養液の培養ポドサイトのアクチンフィラメントに及ぼす影響をファロイジンと蛍光顕微鏡で観察する。 
4. 卒業研究(3)  凝集糖化アルブミンによる培養メサンギウム細胞や培養上皮細胞のミトコンドリアに及ぼす影響をミトトラッカーで調べる。オールインワン蛍光顕微鏡での観察、画像処理及び蛍光分光光度計で定量化を行う。 
5. 卒業研究(4)  AGE-コレステロール凝集アルブミンを取り込んだメサンギウム細胞の培養液の培養ポドサイトからRNAを抽出して、cDNAを作成し、ポドサイトの細胞骨格mRNA、ポドサイトのスリット膜関連mRNAの発現を定量PCRで定量する。 
6. 卒業研究(5)  AGE-コレステロール凝集アルブミンを取り込んだメサンギウム細胞の培養液をHPLCにかけて、ポドサイトに影響する分子の同定に取り組む。 
7. 卒業研究(6)  糖尿病や利尿薬についての学習教材をPESSで作成し、その効果をボランティアを使って検証する。 
8. 卒業研究(7)  高浸透圧ストレス応答における分子シャペロン(Osp94を中心として)の機能解明(1)を行う。 
9. 卒業研究(8)  神経細胞の微小管輸送における分子シャペロン(Osp94を中心として)の機能解明(2)を行う。 
10. 卒業研究(9)  新規protein phosphatase結合分子のスプラシング調節における機能解明(1)を行う。 
11. 卒業研究(10)  新規protein phosphatase結合分子のタウ遺伝子のスプラシング調節における機能解明(2)を行う。 
12. プレゼンテーション  各実験のデーターを整理して、プレゼンテーションを行う。 
13. ディスカッション  プレゼンテーション後に、学生同士で内容に関するディスカッションを行う。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
授業方法の形式
実験演習・調査研究 
成績評価方法及び評価基準
研究に取り組む態度の醸成、研究技能の修得、研究成果の纏めと発表、問題解決能力の醸成等の観点から、ルーブリック評価を行う。3分の2以上の出席に満たない場合は欠格とする。 
受講生へのメッセージ
問題発見能力、問題解決能力を身につけ、研究成果を公表できる力が付けば、社会に貢献できる人物となれます。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2019/12/26 15:08


PAGE TOP