シラバス参照

科目名 薬学卒業研究1(薬物動態制御学) 
担当者氏名

岡本 浩一

奥田 知将

全開講対象学科 薬学部(6年)薬学科
年次 5年次 
クラス  
講義学期 集中 
単位数
必選区分 必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 薬学アドバンスト教育部門-薬学研究科目群 
備考  



準備学習・事後学習
準備学習:日頃から専門書、学術雑誌等でドラッグデリバリーシステムに関する最新の情報を収集するよう努めること.演習範囲の基礎知識を整理すること。
事後学習:実験で得られた結果について考察を加え、次の実験計画を立てること。演習範囲の薬剤師国家試験過去問題を解答できるようにすること。 
履修上の留意
教員や上級生から積極的に情報を収集し、必要な基礎知識、実験手技を身に着けておくこと。自ら進んで問題を解決する心構えが必要である。 
授業の概要と目的
効果的かつ効率的な薬物治療のため、医薬品製剤の調製法および吸収過程の最適化を検討する。本授業はCP④およびDP④,⑤に該当する。(科目ナンバリングコード:PP51701) 
サブタイトル
新規ドラッグデリバリーシステムの開発研究。 
到達目標
薬学卒業研究のGIO:薬学•医療の進歩と改善に資するために、研究を遂行する意欲と問題発見•解決能力を身につける。
○医療人としての科学的視点を有し、論理的思考をするための基礎を身につける。
○薬学および生命科学研究を実施するための手法を修得し、得られた結果を適切に整理できる能力を身につける。
○薬学・医療の進歩に対応するために、医療と医薬品を巡る社会的動向を調査する手段を修得する。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 薬剤師国家試験必須問題レベルの知識の整理  国家試験必須問題過去問題を理解したうえで解答できるように、これまで学んだ知識を整理する。 
2. 噴霧急速凍結乾燥法による微粒子製剤調製  噴霧急速凍結乾燥法を修得し、種々の物質の微粒子化を行う。 
3. ナノ噴霧乾燥法による微粒子製剤調製  ナノ噴霧乾燥法を修得し、種々の物質の微粒子化を行う。 
4. 粉末吸入剤に適した吸入器及び吸入法の開発  吸入パターンシミュレータを用い、種々の粉末の吸入特性を評価する。 
5. 薬剤師国家試験理論問題レベルの知識の整理  国家試験理論問題過去問題を理解したうえで解答できるように、これまで学んだ知識を整理する。 
6. 粉末吸入剤のin vitro安全性評価  気液界面細胞培養系の作成法を修得し、種々の物質の安全性を評価する。 
7. 遺伝子製剤の肺内挙動と遺伝子発現能の同時評価.  IVISを用いた遺伝子発現実験法を修得し、遺伝子吸入剤の効果を評価する。 
8. pDNAおよび粉末吸入剤の開発  pDNA吸入粉末剤の調製法を修得し、調製する。 
9. siRNA粉末吸入剤の開発  siRNA吸入粉末剤の調製法を修得し、調製する。 
10. 高分子ミセル型ナノデバイスドライパウダーの開発  高分子ミセル型ナノデバイスドライパウダーの調製法を修得し、調製する。 
11. pDNA徐放性微粒子製剤の開発  pDNA徐放性微粒子製剤の調製法を修得し,調製する. 
12. siRNA送達システムの開発:in vitroおよびin vivoでの有効性試験  培養細胞RNA干渉実験法を修得し、siRNA製剤の効果を評価する。 
13. 吸入型化学療法製剤の開発  化学療法剤を微粒子製剤化する。 
14. 標的指向型化学療法製剤の開発  制がん剤を適切なキャリアに封入する。 
15. 総括  研究内容をまとめ,研究室内で発表を行う。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
授業方法の形式
実験計画策定,実験,データ解析を適宜繰り返す.演習は講義形式. 
成績評価方法及び評価基準
研究に取り組む態度の醸成、研究技能の修得、研究成果の纏めと発表、問題解決能力の醸成等の観点から、ルーブリック評価を行う。3分の2以上の出席がない場合は欠格とする。 
受講生へのメッセージ
短期間ではあるが、目的を明確に定め、効率よく研究を進めてください。研究室の先輩や友人と積極的に話し合い、自分の研究以外の研究についても知るよう心がけてください。問題点は一人で解決しようとせず、多くの人の知恵を借りて最善の解決方法を見つけてください。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2019/12/23 18:42


PAGE TOP