シラバス参照

科目名 薬学卒業研究1(薬品作用学) 
担当者氏名

平松 正行

衣斐 大祐

間宮 隆吉

全開講対象学科 薬学部(6年)薬学科
年次 5年次 
クラス  
講義学期 集中 
単位数
必選区分 必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 薬学アドバンスト教育部門-薬学研究科目群 
備考  



準備学習・事後学習
関連する基礎的科目の復習 
履修上の留意
長期にわたる卒業研究を遂行することによって、未知への探求心を持ち、科学的な視点を持って、物事を客観的に判断できるように努力すること。
研究室セミナーでは、新しい文献の紹介、ディスカッションを積極的に行い、また、研究成果は、卒業するまでの間に、関連学会などで発表できるように心がけること。 
授業の概要と目的
薬学における勉学の総仕上げとして、講義・実習等で得られた系統的な専門知識の上に、具体的なテーマについて学生自身が薬理学的実験を行う。6年次の卒業研究に向けて基礎的実験の手技を獲得し、基礎となる実験を行う。また進捗状況に応じて、研究成果を口頭・ポスター形式で学会発表を行う。さらに研究をとおし、研究室内での自分の役割と責任を認識し、将来、どの職場でも良好な人間関係を形成できる薬剤師としての品格を身に付ける。本授業はCP④およびDP④、⑤に該当する。(科目ナンバリングコード:PP51701) 
サブタイトル
ブラックボックスである脳の秘められた力を、神経科学的に解明しよう。 
到達目標
薬学卒業研究のGIO:薬学•医療の進歩と改善に資するために、研究を遂行する意欲と問題発見•解決能力を身につける。○医療人としての科学的視点を有し、論理的思考をするための基礎を身につける。○薬学および生命科学研究を実施するための手法を修得し、得られた結果を適切に整理できる能力を身につける。○薬学・医療の進歩に対応するために、医療と医薬品を巡る社会的動向を調査する手段を修得する。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 卒業研究テーマ例1  脳とこころの病気に関する研究:うつ病の発症原因の解明とその治療薬の創製に関する研究 
2. 卒業研究テーマ例2  脳とこころの病気に関する研究:統合失調症の発症原因の解明とその治療薬の開発に関する研究 
3. 卒業研究テーマ例3  脳とこころの病気に関する研究:ストレスによる学習・記憶機能とその分子基盤および免疫応答系の関与 
4. 卒業研究テーマ例4  脳とこころの病気に関する研究:ストレス脆弱性に関する基礎的研究(うつ病、PTSD、不安障害、性機能障害など) 
5. 卒業研究テーマ例5  胎生期ニコチン摂取が胎仔の発達・成長に及ぼす影響の解明とその治療薬の創製に関する研究 
6. 卒業研究テーマ例6  病態モデル動物の行動薬理学的分析による精神病発症メカニズムの解明 
7. 卒業研究テーマ例7  学習・記憶のメカニズムおよび認知症発症のメカニズムの解明 
8. 卒業研究テーマ例8  新規活性分子の脳機能に及ぼす作用に関する研究 
9. 卒業研究テーマ例9  エピジェネティクス制御が脳機能に及ぼす作用に関する研究 
10. 卒業研究テーマ例10  アルツハイマー型認知症治療薬開発のための基礎的研究 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし。 必要に応じて関連書籍を参照すること。     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし。 必要に応じて関連書籍を参照すること。     
授業方法の形式
実験 
成績評価方法及び評価基準
研究に取り組む態度の醸成、研究技能の修得、研究成果の纏めと発表、問題解決能力の醸成等の観点から、ルーブリック評価を行う。3分の2以上の出席がない場合は欠格とする。 
受講生へのメッセージ
実験により新しい事実が作られていく喜びを体験して下さい。単に与えられたテーマについて実験するのではなく、学生自らが実験の内容を考え、6年次の卒業論文が満足なものになるように5年次の研究活動に励んでください。また、物事を科学的・客観的に判断できる力を磨いて下さい。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2020/01/28 18:38


PAGE TOP