シラバス参照

科目名 薬学卒業研究1(病態解析学Ⅰ) 
担当者氏名

野田 幸裕

吉見 陽

全開講対象学科 薬学部(6年)薬学科
年次 5年次 
クラス  
講義学期 集中 
単位数
必選区分 必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 薬学アドバンスト教育部門-薬学研究科目群 
備考  



準備学習・事後学習
4年次までに修得した医療人としての態度・コミュニケーションを見直し、修正しておくこと。4年次までの専門薬学教育科目の「機能形態」「薬理・病態」「分子生物」や「薬物治療」などについて復習しておくこと。 
履修上の留意
医療薬学全般、臨床医学、病理・疾病など広範囲な知識が必要である。生体サンプルを扱う場合が多く、実験動物や倫理・個人情報の取り扱いを習得しておく必要がある。与えられたテーマに興味を持ち、自ら進んで研究に取り組む姿勢が望まれる。 
授業の概要と目的
医療現場での問題点を研究対象に病院薬剤部をはじめとする関連講座等との共同研究を通じて科学的思考能力およびコミュニケーション能力の重要性を理解し、医療人として実践できる。本授業はCP④およびDP④、⑤に該当する。(科目ナンバリングコード:PP51701) 
サブタイトル
医療現場で求められる基礎・臨床医学的(分子薬理学的)および医療薬学的調査・研究 
到達目標
薬学卒業研究のGIO:薬学•医療の進歩と改善に資するために、研究を遂行する意欲と問題発見•解決能力を身につける。
○医療人としての科学的視点を有し、論理的思考をするための基礎を身につける。
○薬学および生命科学研究を実施するための手法を修得し、得られた結果を適切に整理できる能力を身につける。
○薬学・医療の進歩に対応するために、医療と医薬品を巡る社会的動向を調査する手段を修得する。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 医療薬学研究
[G(1)1,2,3,4(2)1,2,3(3)1,2,3,4,5,6] 
高次精神機能の変容による疾患(統合失調症、ストレス疾患、薬物依存、学習・記憶障害など)のモデル動物を作製し、疾患の病態解明や治療薬の機序の解明。 
2. 臨床医学研究:基礎と臨床の連携研究
[G(1)1,2,3,4(2)1,2,3(3)1,2,3,4,5,6] 
関連講座をはじめとする関連病院や診療科等との臨床医学研究(共同研究:精神疾患のオミックス解析・薬理遺伝学的解析と薬物反応性に関する因子の探索、がん疾患・疼痛に関する薬理遺伝学的解析と薬物反応性に関する因子の探索、脂肪細胞や血液細胞の毒性に関する研究)。 
3. 臨床薬学研究
[G(1)1,2,3,4(2)1,2,3(3)1,2,3,4,5,6] 
「医療薬学研究」あるいは「臨床医学研究」と共に、関連講座をはじめとする関連病院や診療科等との調査研究(医薬品の適正使用に関する調査研究、服薬アドヒアランスに関する調査研究など)を共同で実施。 
4. 卒論関連テーマ  【医療薬学研究】
・身体的ストレス負荷によるPTSD(心的外傷後ストレス障害)様症状の発現機序に関する研究:アミン・アミノ酸トランスポーター代謝機構やニコチン受容体情報伝達機構との相互関係
・幼若期ストレス負荷による脳発達と脳機能異常に関する研究:グリア細胞、興奮性・抑制性アミノ酸関連分子や炎症性生理物質(PGE2)の関与
・統合失調症様モデル動物における社会認知行動に関する研究:ドパミンD3受容体の役割
・精神行動異常の発現や精神依存の脆弱性に関する研究:アミン・アミノ酸トランスポーター、ニコチン受容体や炎症性生理物質(PGE2)の関与 
5.   【臨床医学研究:基礎と臨床の連携研究】
・精神疾患患者の臨床検体を用いたオミックス解析
・グリア細胞関連分子(アストロタクチン2)の機能解析
・精神疾患モデルマウスにおける精神行動異常に関与する標的分子の探索と機能解析
・クロザピンの薬効・副作用に関与する因子の探索と機能解析
・がん化学療法に伴う消化器障害に関与する因子の探索研究
・抗うつ薬(SNRI)の疼痛緩和に関する探索研究と関与する因子の探索と機能解析
・脂肪細胞や血液細胞に対する抗精神病薬の影響に関する研究 
6.   【臨床薬学研究】
・精神疾患および精神科薬物療法に関する意識調査
・精神疾患患者における薬物治療に関する処方解析
・オピオイドの適正使用に関する調査研究
・薬剤師外来における吸入指導の有用性に関する調査研究
・高齢者・児童向けくすり教室による地域医療の貢献度に関する調査研究
・薬学生に対する多職種連携教育の有用性に関する調査研究 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
授業方法の形式
研究とセミナー 
成績評価方法及び評価基準
研究に取り組む態度の醸成、研究技能の修得、研究成果の纏めと発表、問題解決能力の醸成等の観点から、ルーブリック評価を行う。3分の2以上の出席がない場合は欠格とする。 
受講生へのメッセージ
共同研究が主体となるので、医療人としての協調性、積極性や熱意が必要である。基礎と臨床の双方向からのリサーチマインドを持った薬剤師や開発研究者を目指して下さい。 
参考URL
1. 病態解析学Ⅰ | 名城大学大学院薬学研究科・薬学部 独自ホームページ 
画像
ファイル
更新日時 2019/12/18 08:35


PAGE TOP