シラバス参照

科目名 薬学卒業研究1(病院薬学) 
担当者氏名

亀井 浩行

半谷 眞七子

全開講対象学科 薬学部(6年)薬学科
年次 5年次 
クラス  
講義学期 集中 
単位数
必選区分 必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 薬学アドバンスト教育部門-薬学研究科目群 
備考  



準備学習・事後学習
精神疾患の薬物療法、臨床コミュニケーション学を復習しておくこと。 
履修上の留意
研究テーマは必ずしも学生の希望通りにならないこと。
研究セミナーは必ず出席すること。 
授業の概要と目的
臨床薬学教育を確立するために、薬剤師が臨床現場で遭遇する可能性のある問題を臨床現場で起こっている問題点を抽出し、臨床に直結するような薬物療法を開発・確立するための臨床研究を医療現場と共同で行う。また、医薬品の適正使用の観点から臨床コミュニケーション能力の向上を目指した教育の方法論の開発について研究を行う。これらの研究推進のための基本的な態度や技術を修得する。(科目ナンバリングコード:PP51701) 本授業はCP④およびDP④、⑤に該当する。 
サブタイトル
医療現場との臨床研究及び臨床薬学教育の方法論に係わる研究の推進 
到達目標
薬学卒業研究のGIO:薬学•医療の進歩と改善に資するために、研究を遂行する意欲と問題発見•解決能力を身につける。
○医療人としての科学的視点を有し、論理的思考をするための基礎を身につける。
○薬学および生命科学研究を実施するための手法を修得し、得られた結果を適切に整理できる能力を身につける。
○薬学・医療の進歩に対応するために、医療と医薬品を巡る社会的動向を調査する手段を修得する。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 病態解明と薬物療法の開発  高次精神機能障害(ストレス関連精神疾患、統合失調症等)の病態解明と薬物療法の開発 
2. 服薬アドヒアランスと認知機能の調査  医療現場(関連病院)との臨床研究(精神疾患患者の服薬アドヒアランス及び認知機能に関わる研究) 
3. 臨床コミュニケーション教育(1)  薬剤師の臨床コミュニケーション教育に関する研究(がん治療における適切なコミュニケーションのあり方に関する研究) 
4. 臨床コミュニケーション教育(2)  薬剤師の臨床コミュニケーション教育に関する研究(ミステリーショッパー・模擬患者を活用した薬剤師教育の開発) 
5. 臨床コミュニケーション教育(3)  薬剤師の臨床コミュニケーション教育に関する研究(RIASを用いた会話分析) 
6. 臨床コミュニケーション教育(4)  薬剤師の臨床コミュニケーション教育に関する研究(認知症患者に対する適切なコミュニケーションのあり方に関する研究) 
7. 多職種連携教育  多職種連携教育(IPE)に関する質的研究 
8. スティグマ(偏見)調査とその改善に関わる検討  精神障害者に対するスティグマに関する調査とその改善に関わる検討 
9. インペアードパフォーマンスの調査  薬物によって誘発されるインペアードパフォーマンスに関わる調査を行い、その防止策についての検討 
10. 患者満足度調査  薬物治療の支援に対する患者満足度の指標に関する調査研究 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
授業方法の形式
調査・発表 
成績評価方法及び評価基準
研究に取り組む態度の醸成、研究技能の修得、研究成果の纏めと発表、問題解決能力の醸成等の観点から、ルーブリック評価を行う。
2/3以上の出席がない場合は欠格とする。 
受講生へのメッセージ
薬学の専門性を高め、問題解決能力を育成してください。
探究心旺盛かつ協調性があることが重要です。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2020/02/19 19:35


PAGE TOP