シラバス参照

科目名 薬学卒業研究1(医薬品情報学) 
担当者氏名

大津 史子

田辺 公一

酒井 隆全

全開講対象学科 薬学部(6年)薬学科
年次 5年次 
クラス  
講義学期 集中 
単位数
必選区分 必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 薬学アドバンスト教育部門-薬学研究科目群 
備考  



準備学習・事後学習
毎回、講義時間の2倍以上の自学自習をすること。これまでに学習した内容について復習をしておく。特に、3年生の医薬品情報学・医療法規、4年生の薬物治療マネジメントの資料をもう一度全体的に復習しておいて下さい。 
履修上の留意
医薬品情報の創造・収集・評価・加工・構築、さらに、その医薬品情報が医療にどの様な効果を及ぼすかについて学ぶ。
データベース研究、臨床研究を基本として、臨床における未解明の問題点に焦点を当て、解明に取り組むと共に、新たな情報の創造を目指す。また、データベースの構築やその応用についても、研究対象とする。特に副作用を未然に回避したり、早期に発見する方法の探索、医療資源損失の回避の評価などを行う。 
授業の概要と目的
医療で求められている新たな情報を創造及び再構築を行い、医薬品情報が医療へどの様なアウトカムをもたらすかを題材として研究を行う。この研究過程を通して、医療人としての論理的思考力と科学的視点を養い、探究心と創造力を醸成する。生涯にわたって主体的に学び続ける態度を醸成する。本授業はCP④およびDP④、⑤に該当する。(科目ナンバリングコード:PP51701) 
サブタイトル
情報を”つくる”、”つたえる”、”つかう”という全体の流れから医薬品情報を捉え、医薬品情報学研究を行う。 
到達目標
薬学卒業研究のGIO:薬学•医療の進歩と改善に資するために、研究を遂行する意欲と問題発見•解決能力を身につける。○医療人としての科学的視点を有し、論理的思考をするための基礎を身につける。○薬学および生命科学研究を実施するための手法を修得し、得られた結果を適切に整理できる能力を身につける。○薬学・医療の進歩に対応するために、医療と医薬品を巡る社会的動向を調査する手段を修得する。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. データベースの開発  医薬品情報データベース、リアルワールドデータベースの開発に関する検討 
2. 医薬品の安全性評価  医薬品による副作用の早期発見、未然回避のための客観的評価システムの開発に関する検討 
3. 医薬品の安全性評価  医薬品情報学の手法を用いた副作用診断に関する研究 
4. 医薬品の安全性評価  副作用発現の危険因子の解明に関する検討 
5. 大規模データベースの利活用  副作用自発報告データベースを用いた副作用に関する新しい情報の創成に関する検討 
6. 大規模データベースの利活用  リアルワールドデータを用いた安全性情報および使用性情報の創成に関する検討 
7. 大規模データベースの利活用  医療安全の確保のための要因分析に関する検討 
8. 大規模データベースの利活用  医薬品リスク管理計画の利活用に関する検討 
9. 大規模データベースの利活用  薬歴から検討する薬剤師職能のアウトカム評価に関する検討 
10. 在宅医療および終末期医療  薬歴から検討する薬剤師職能のアウトカム評価に関する検討 
11. 在宅医療および終末期医療  在宅医療の推進のための経済評価に関する検討 
12. 在宅医療および終末期医療  緩和医療における情報提供や収集に関する検討に関する検討 
13. 教育手法の検討  薬剤師国家試験に関する検討に関する検討 
14. 教育手法の検討  パフォーマンス評価に関する検討に関する検討 
15. 教育手法の検討  医薬品情報教育の手法に関する検討に関する検討 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
授業方法の形式
研究、発表 
成績評価方法及び評価基準
研究に取り組む態度の醸成、研究技能の修得、研究成果の纏めと発表、問題解決能力の醸成等の観点から、ルーブリック評価を行う。3分の2以上の出席がない場合は欠格とする。評価に関しては、指導担当教員によるルーブリック評価(91%)に加え、他の教員が副査として評価する。副査は、提出された卒業論文と卒論発表を、薬学卒業研究・演習評価表を用いて評価する(9%)。 
受講生へのメッセージ
卒業研究では、取り組む課題の背景をよく理解し、その問題点を自分なりに明確化し、それを明らかにする方法を考え、実際に実施し、その結果を評価し、考察するという一連の流れを、ディスカッションをしながらすすめて行きます。主体的に考え、動くことで、内容の濃い研究をすることが出来ます。ぜひ、取り組む課題を十分に探求し、主体的に研究をすすめてください。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2019/12/25 20:42


PAGE TOP