シラバス参照

科目名 薬学卒業研究基礎(実践薬学Ⅰ) 
担当者氏名

長谷川 洋一

黒野 俊介

松本 修一

伊東 亜紀雄

守屋 友加

全開講対象学科 薬学部(6年)薬学科
年次 4年次 
クラス  
講義学期 後期 
単位数
必選区分 必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 薬学アドバンスト教育部門-薬学研究科目群 
備考  



準備学習・事後学習
毎回、講義時間の1.5倍以上の自学自習をすること。
(準備学習)医療用語等の英単語を自己学習しておくこと。文献検索の方法、情報ソースなど、3年時の医薬品情報実習を復習しておくこと。
(事後学習)文献(論文)の内容がエビデンスとして使用できるかを考察すること。 
履修上の留意
セミナー形式で、各自が選択した論文を読み、要点をまとめて発表します。
テーマに沿った論文を幅広く調査する姿勢で臨んでください。また、5年次の実務実習とその後のコースを踏まえ、実践的な調査にも取り組んでいただきます。 
授業の概要と目的
医療現場では、これまでの単に教科書からの知識に頼るのではなく、目の前の課題解決に向けて新しい情報を自ら集め、関連づけて整理することが求められます。本科目では、薬物治療、リスクマネジメント等、薬剤師職務に関連が深い英文、邦文等の文献(学術論文)を中心に、論文の構成、これまで学んできた知識を基にした内容の理解、不明な点の整理・調査を行いながら、クリニカルクエスチョンをどのように立てていくのか、問題解決のために必要な視点を持つことを目標にします。本授業はCP④およびDP④、⑤に該当する。(科目ナンバリングコード:PP41602) 
サブタイトル
問題解決のためのプロセス 
到達目標
薬学卒業研究のGIO:薬学•医療の進歩と改善に資するために、研究を遂行する意欲と問題発見•解決能力を身につける。
○医療人としての論理的思考力、科学的視点を身につけるため、薬学および生命科学研究に関する国際学術雑誌に掲載された文献を調査し、それを読解する能力を身につける。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 学術論文1(その1)  論文を読み、内容を理解するために必要な知識を整理し、科学的な視点で理解する。 
2. 学術論文1(その2)  論文の内容について要点をまとめ、プレゼンテーションし、科学的な評価について教員、学生間で討論する。 
3. 学術論文2(その1)  論文を読み、内容を理解するために必要な知識を整理し、科学的な視点で理解する。 
4. 学術論文2(その2)  論文の内容について要点をまとめ、プレゼンテーションし、科学的な評価について教員、学生間で討論する。 
5. 学術論文3(その1)  論文を読み、内容を理解するために必要な知識を整理し、科学的な視点で理解する。 
6. 学術論文3(その2)  論文の内容について要点をまとめ、プレゼンテーションし、科学的な評価について教員、学生間で討論する。 
7. 学術論文4(その1)  論文を読み、内容を理解するために必要な知識を整理し、科学的な視点で理解する。 
8. 学術論文4(その2)  論文の内容について要点をまとめ、プレゼンテーションし、科学的な評価について教員、学生間で討論する。 
9. 学術論文5(その1)  論文を読み、内容を理解するために必要な知識を整理し、科学的な視点で理解する。 
10. 学術論文5(その2)  論文の内容について要点をまとめ、プレゼンテーションし、科学的な評価について教員、学生間で討論する。 
11. 学術論文6(その1)  症例について、問題点を抽出し、問題解決に必要な情報が何か整理することができる。 
12. 学術論文6(その2)  症例の問題解決のために選択した論文の内容について要点をまとめ、プレゼンテーションし、科学的な評価について教員、学生間で討論する。 
13. 文献調査(1)  関連する文献をPubMed、メディカルオンライン、医中誌など、様々なツールを使用して調査する。 
14. 文献調査(2)  ジャーナルの特徴を整理し、文献や得たい情報源がどこにあるかを知る。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
授業方法の形式
セミナー形式 
成績評価方法及び評価基準
文献講読セミナー評価表を用いて評価を行う。3分の2以上の出席がない場合は欠格とする。講評は、セミナー実施毎に行う。 
受講生へのメッセージ
直面した問題を解決するためのプロセスについて、これまで学んだ手法を使って解決に繋げる訓練にもなります。手を抜かず、調べて整理し、何が不明なのか考え、整理する力を身につけてください。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2019/12/24 15:38


PAGE TOP