シラバス参照

科目名 薬学卒業研究基礎(薬効解析学) 
担当者氏名

永松 正

小島 良二

全開講対象学科 薬学部(6年)薬学科
年次 4年次 
クラス  
講義学期 後期 
単位数
必選区分 必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 薬学アドバンスト教育部門-薬学研究科目群 
備考  



準備学習・事後学習
1.1-3年次に習得した実験の基本技術および卒業研究に関係する知識の復習をすること。
2.実験・卒論作成に必要な文献の検索方法および結果の統計解析手法を復習しておくこと。
毎回、演習時間の1.5倍以上の自学自習をすること。 
履修上の留意
1.卒業研究に関係する論文を読んでその内容を把握するが大事である。
2.英文、邦文論文の内容を簡潔にまとめめ、プレゼンする。
3.卒業研究に必要な実験技術を使えるようになる。研究室の先輩の指導を受ける。
4.研究の目的と実験の目的(仮説)を常に理解する習慣を身に着ける。
5. 演習結果、実験結果をその日に整理する習慣を身に着ける。 
授業の概要と目的
英文あるいは邦文論文を読んで、わかりやすく説明できるようになる。(技能)
実験ノートを的確にかける。本授業はCP④およびDP⑤に該当する。(科目ナンバリングコード:PP41602) 
サブタイトル
研究の基礎、考え方を学ぶ。 
到達目標
薬学卒業研究のGIO:薬学•医療の進歩と改善に資するために、研究を遂行する意欲と問題発見・解決能力を身につける。
○医療人としての論理的思考力、科学的視点を身につけるため、薬学および生命科学研究に関する国際学術雑誌に掲載された文献を調査し、それを読解する能力を身につける。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 論文講読(1)  指導教員と相談して、卒業研究に関係する論文を選択する。 
2. 論文講読(2)  論文を読んで内容を、理解・把握する。不明な専門用語は調べて理解する。不明な箇所は指導教員に相談する。 
3. 卒業研究基礎(3)  糖尿病性腎症の発症原因の探索のための基礎的実験技術を学ぶ。
前年に実施した研究内容を理解する。
卒業論文作成に必要な資料(論文等)を収集方法を知る。 
4. 卒業研究基礎(4)  神経変性疾患の病態などについての基礎的な知識を文献を通じてまとめ学習する。 
5. 卒業研究基礎(5)  神経細胞における分子シャペロンの機能を解明するのための基礎的な実験方法を習得する。 
6. 卒業研究基礎(6)  RNAスプラシングの調節に関する基礎的な知識を文献を通じてまとめ学習する。 
7. 卒業研究基礎(7)  RNAスプラシングの調節を解析する基礎的な実験方法を習得する。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
授業方法の形式
プレゼンとSGD 
成績評価方法及び評価基準
文献講読セミナー評価表(ルーブリック)を用いて評価を行う。60%以上の評価があれば合格とする。3分の2以上の出席がない場合は欠格とする。 
受講生へのメッセージ
問題発見能力、問題解決能力を身につけ、研究成果を公表できる力が付けば、社会に貢献できる人物となれます。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2020/03/09 10:11


PAGE TOP