シラバス参照

科目名 薬学卒業研究基礎(生物物理化学) 
担当者氏名

小田 彰史

栗本 英治

全開講対象学科 薬学部(6年)薬学科
年次 4年次 
クラス  
講義学期 後期 
単位数
必選区分 必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 薬学アドバンスト教育部門-薬学研究科目群 
備考  



準備学習・事後学習
生物物理化学に関連する基礎的科目の復習を行うこと。また、毎回、講義時間の1.5倍以上の自学自習をすること。 
履修上の留意
生物物理化学への好奇心を持ち、また集中力を持って課題に取り組むこと。
物事を科学的に考えることができるように努力すること。 
授業の概要と目的
計算機実験によって医薬品に関連したタンパク質の構造や機能を明らかにする技術や、遺伝子組み換えによって目的とするタンパク質を多量に発現・精製する技術に関する文献を講読する。種々の手法を用いてタンパク質の物理化学的性質および機能発現メカニズムの構造的基盤を解明することが、薬学領域へどのように応用され得るかを理解する。
本授業はCP④およびDP④、⑤に該当する。
(科目ナンバリングコード:PP41602) 
サブタイトル
タンパク質の生物物理化学的解析およびその応用 
到達目標
薬学卒業研究のGIO:薬学•医療の進歩と改善に資するために、研究を遂行する意欲と問
題発見•解決能力を身につける。
○医療人としての論理的思考力、科学的視点を身につけるため、薬学および生命科学研
究に関する国際学術雑誌に掲載された文献を調査し、それを読解する能力を身に
つける。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 学術論文1  構造生物学、計算化学、タンパク質工学の理論とその応用 
2. 学術論文2  構造生物学、計算化学、タンパク質工学の理論とその応用 
3. 学術論文3  構造生物学、計算化学、タンパク質工学の理論とその応用 
4. 学術論文4  構造生物学、計算化学、タンパク質工学の理論とその応用 
5. 学術論文5  構造生物学、計算化学、タンパク質工学の理論とその応用 
6. 学術論文6  構造生物学、計算化学、タンパク質工学の理論とその応用 
7. 学術論文7  構造生物学、計算化学、タンパク質工学の理論とその応用 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
授業方法の形式
発表形式 
成績評価方法及び評価基準
文献講読セミナー評価表を用いて評価を行う。3分の2以上の出席がない場合は欠格と
する。 
受講生へのメッセージ
科学技術に関する論文を読み解く能力は、理系人としての基礎技能に当たります。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2019/12/17 15:37


PAGE TOP