シラバス参照

科目名 薬学卒業研究基礎 (製剤学) 
担当者氏名

丹羽 敏幸

全開講対象学科 薬学部(6年)薬学科
年次 4年次 
クラス  
講義学期 後期 
単位数
必選区分 必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 薬学アドバンスト教育部門-薬学研究科目群 
備考  



準備学習・事後学習
準備学習:各自の卒業研究テーマに関連した学術論文(英語)を検索システム等を利用して入手し,内容を熟読して発表スライドを作成しておく.
事後学習:発表会にて挙げられた質問に答えられない場合,他の文献調査をするなどして情報を収集しておくこと.
毎回,講義時間の1.5倍以上の自学自習をすること. 
履修上の留意
4年次前期までの講義を通して専門薬学教育科目群を学んだが,4年次後期からは配属研究室及び実務実習において専門的な薬学を学ぶことになる.従って,これまでのような単に教科書を読んで知識を習得する学習形態から,実務へ応用ができる実践力を身につけることを期待する.そのため,英語で書かれた学術論文を直訳するだけでなく,その論文に付随する専門知識や最新情報を集め,自身の研究に参考にできる程度に解釈したうえで口頭発表する.従って,これまで学んできた専門薬学の知識を基に自分自身で調べ,積極的に指導教員と学生間で議論する姿勢で臨む事が好ましい. 
授業の概要と目的
学術論文の読解は各自で行い,理解度に応じて指導教員が適宜助言をする.研究室全員参加のもと,文献発表セミナーにて口頭発表する.発表スタイルは学会と同様にし,将来研究発表する際のプレゼンテーションスキルを養う.(科目ナンバリングコード:PP41602)
本授業はCP④およびDP④,⑤に該当する. 
サブタイトル
英語で掲載された学術論文を読む. 
到達目標
薬学卒業研究のGIO:薬学•医療の進歩と改善に資するために,研究を遂行する意欲と問題発見•解決能力を身につける.
〇医療人としての論理的思考力,科学的視点を身につけるため,薬学および生命科学研究に関する国際学術雑誌に掲載された文献を調査し,それを読解する能力を身につける. 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 学術論文 1  乾式粉体処理法による粒子設計と製剤開発(1) 
2. 学術論文 2  乾式粉体処理法による粒子設計と製剤開発(2) 
3. 学術論文 3  乾式粉体処理法による粒子設計と製剤開発(3) 
4. 学術論文 4  乾式粉体処理法による粒子設計と製剤開発(4) 
5. 学術論文 5  湿式粉砕法と各種乾燥法(噴霧・流動層・凍結)による粒子設計と製剤開発(1) 
6. 学術論文 6  湿式粉砕法と各種乾燥法(噴霧・流動層・凍結)による粒子設計と製剤開発(2) 
7. 学術論文 7  湿式粉砕法と各種乾燥法(噴霧・流動層・凍結)による粒子設計と製剤開発(3) 
8. 学術論文 8  湿式粉砕法と各種乾燥法(噴霧・流動層・凍結)による粒子設計と製剤開発(4) 
9. 学術論文 9  圧縮成形と硬化現象による多孔質成形体の製造と圧縮機構の解明(1) 
10. 学術論文 10  圧縮成形と硬化現象による多孔質成形体の製造と圧縮機構の解明(2) 
11. 学術論文 11  放出制御製剤設計のための新規な成膜化技術の構築(1) 
12. 学術論文 12  放出制御製剤設計のための新規な成膜化技術の構築(2) 
13. 学術論文 13  製剤設計を支える粉体特性と薬剤特性の評価法(1) 
14. 学術論文 14  製剤設計を支える粉体特性と薬剤特性の評価法(2) 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
授業方法の形式
セミナー 
成績評価方法及び評価基準
文献講読セミナー評価表を用いて評価を行う.3分の2以上の出席がない場合は欠格とする. 
受講生へのメッセージ
学術論文を読み,その内容を理解し,基礎研究及び専門研究に応用する力は,医療人であり,かつ科学者である薬剤師にとって必須のものである.製薬研究者や薬剤師が生涯にわたって自己研鑽し,社会に貢献していくため,科学者の目で物事を捉え,考察し,研究や業務で実践する技能を身につけることを大いに期待する. 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2019/12/02 17:15


PAGE TOP