シラバス参照

科目名 薬学卒業研究基礎(医薬品情報学) 
担当者氏名

大津 史子

田辺 公一

酒井 隆全

全開講対象学科 薬学部(6年)薬学科
年次 4年次 
クラス  
講義学期 後期 
単位数
必選区分 必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 薬学アドバンスト教育部門-薬学研究科目群 
備考  



準備学習・事後学習
毎回、講義時間の2倍以上の自学自習をすること。これまでに学習した内容について復習をしておく。 
履修上の留意
授業の概要と目的
社会において話題となっている臨床研究(無作為化比較試験)を批判的に吟味し、疾患治療の有効性に関する最先端の状況を理解すると共に、発表資料としてまとめ、発表する。また、安全性に関するコホート研究などを批判的に吟味し、発表資料としてまとめ、発表する。これらの発表と質疑応答を通じ、研究デザインの理解を深める。本授業はCP④およびDP④、⑤に該当する。(科目ナンバリングコード:PP41602) 
サブタイトル
到達目標
薬学卒業研究のGIO:薬学•医療の進歩と改善に資するために、研究を遂行する意欲と問題発見・解決能力を身につける。
○医療人としての論理的思考力、科学的視点を身につけるため、薬学および生命科学研究に関する国際学術雑誌に掲載された文献を調査し、それを読解する能力を身につける。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 無作為化比較試験1  New England Journal of Medicine, Lancetなどから、最新の無作為化比較試験を抽出し、批判的吟味を行う。 
2. 無作為化比較試験2  New England Journal of Medicine, Lancetなどから、最新の無作為化比較試験を抽出し、批判的吟味を行う。 
3. 無作為化比較試験3  New England Journal of Medicine, Lancetなどから、最新の無作為化比較試験を抽出し、批判的吟味を行う。 
4. 無作為化比較試験4  New England Journal of Medicine, Lancetなどから、最新の無作為化比較試験を抽出し、批判的吟味を行う。 
5. 無作為化比較試験5  New England Journal of Medicine, Lancetなどから、最新の無作為化比較試験を抽出し、批判的吟味を行う。 
6. コホート研究1  医薬品の安全性および疾病予防や健康維持に関するコホート研究を抽出し、批判的吟味を行う。 
7. コホート研究2  医薬品の安全性および疾病予防や健康維持に関するコホート研究を抽出し、批判的吟味を行う。 
8. コホート研究3  医薬品の安全性および疾病予防や健康維持に関するコホート研究を抽出し、批判的吟味を行う。 
9. コホート研究4  医薬品の安全性および疾病予防や健康維持に関するコホート研究を抽出し、批判的吟味を行う。 
10. コホート研究5  医薬品の安全性および疾病予防や健康維持に関するコホート研究を抽出し、批判的吟味を行う。 
11. ケースコントロール研究1  医薬品の安全性および疾病原因などに関するケースコントロール研究を抽出し、批判的吟味を行う。 
12. ケースコントロール研究2  医薬品の安全性および疾病原因などに関するケースコントロール研究を抽出し、批判的吟味を行う。 
13. ケースコントロール研究3  医薬品の安全性および疾病原因などに関するケースコントロール研究を抽出し、批判的吟味を行う。 
14. ケースコントロール研究4  医薬品の安全性および疾病原因などに関するケースコントロール研究を抽出し、批判的吟味を行う。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
授業方法の形式
発表 
成績評価方法及び評価基準
文献講読セミナー評価表を用いて評価を行う。3分の2以上の出席がない場合は欠格とする。 
受講生へのメッセージ
文献の批判的吟味は研究のベースです。話題の治療や臨床研究を読んで、研究デザインの理解を深めましょう。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2019/12/25 20:42


PAGE TOP