シラバス参照

科目名 生物有機化学演習 
担当者氏名

坂井 健男

全開講対象学科 薬学部(6年)薬学科
年次 4年次 
クラス  
講義学期 前期 
単位数 0.5 
必選区分 選択科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門薬学教育部門-アドバンスト演習科目群 
備考  



準備学習・事後学習
準備学習:基礎化学、有機薬化学の内容(=ソロモン有機化学全体)を再度読み直し、ソロモンの全問題を解き直すこと。
事前学習:マクマリー生化学反応機構全体を読み直し、章末問題を解き直すこと。
事後学習:演習で取り扱った問題の復習を行うこと。
以上の自学自習を、毎回、講義時間の1.5倍以上行うこと。 
履修上の留意
生物有機化学で取り扱った内容は、有機化学の修得抜きでは理解出来ません。
本演習は、生物有機化学の振り返り演習ですが、半分程度の問題は生物有機化学に関連する有機化学の基本的事項の復習、残りの半分程度を生物有機化学で教わった新しい内容に関する問題とする予定です。
5回の演習では全て冒頭からテストを行います。3年前期までの有機化学の内容、生物有機化学の講義で行った小テスト、定期試験、追再試験など復習をしっかり行ってから演習に臨んでください。 
授業の概要と目的
有機化学の知識を再確認し、生物有機化学で取り扱った生体内反応を理解出来るようになるのが目的です。
本科目は、コアカリキュラムC4(1)および(2)の部分を中心とした演習です。(科目ナンバリングコード:PP41364)
本授業はCP②およびDP②に該当する 
サブタイトル
有機化学の復習と生体内反応の理解 
到達目標
有機化学の基本的事項を用いて、生体内反応が理解出来るようになること。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 生体内反応の基本事項  生物有機化学と関連する有機化学の基本的事項について、演習形式でテストを行う。(マクマリー生化学反応機構の1,2章と関連する部分) 
2. 脂質代謝に関わる反応  脂質代謝に関連する有機化学反応(Claisen縮合、カルボン酸とその誘導体の反応など)、および、脂質代謝の反応について演習形式でテストを行う。 
3. 糖類代謝に関わる反応  糖質代謝に関連する有機化学反応(アセタールの反応、アルドール反応、ベンゾイン縮合など)、および、糖質代謝の反応について演習形式でテストを行う。 
4. アミノ酸代謝に関わる反応  アミノ酸代謝に関連する有機化学反応(イミンの反応、ラジカル反応、芳香族求電子置換反応)、および、アミノ酸代謝の反応について演習形式でテストを行う。 
5. 核酸代謝に関わる反応  核酸代謝の反応と、核酸、DNAに関連する医薬品の反応などについて演習形式でテストを行う。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. マクマリー生化学反応機構     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 生物有機化学の講義スライド     
2. スミス有機化学     
3. ソロモン新有機化学     
授業方法の形式
演習 
成績評価方法及び評価基準
各回の演習でのレポートテスト(20%×5=100%)で評価し、60%で合格となります。
演習のレポートテストの提出がない場合、その回は0点となりますので注意をしてください。3分の2以上の出席がない場合は欠格とします。
また、演習用レポートに用いた問題やその答えは、研究室ホームページにアップロードします。 
受講生へのメッセージ
有機化学を総復習し、生体内で起きている反応を理解する知識的基盤をつくる良い機会ととらえて、しっかりと学習を行ってください。生体内での反応を理解出来れば、医薬品が体の中でどのように作用しているかが見えるようになり、添付文書の構造式が医師や看護師とは異なる視点から理解出来るようになるはずです。 
参考URL
1. 分子設計化学研究室ホームページ 生物有機化学の講義スライドをアップしています。 
画像
ファイル
更新日時 2020/07/03 11:11


PAGE TOP