シラバス参照

科目名 物理系応用実習(薬剤) 
担当者氏名

武田 直仁

灘井 雅行

加藤 美紀

榊原 有季子

全開講対象学科 薬学部(6年)薬学科
年次 3年次 
クラス  
講義学期 後期 
単位数 0.5 
必選区分 必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門薬学教育部門-実習科目群 
備考  



準備学習・事後学習
薬物動態学1・2に関連する実習であるので、これら科目の内容を復習し、理解しておくこと。また、この実習内容は4年次の薬物投与設計にも関連するので、十分な知識・技能の修得を目指すこと。毎回、実習時間の半分の自学自習(予習・復習)が必要である。 
履修上の留意
実習は原則として皆出席を単位認定の資格要件とする。病気・怪我、不慮の事故などにより出席できないときは、その旨科目担当教員に速やかに連絡を取り、指示を仰ぐこと。また、実習態度が不良の学生はレポート・実習試験(実技試験、筆記試験)の成績が優秀であっても単位を認定しないことがある。以上の留意点を遵守して実習に臨むこと。 
授業の概要と目的
薬物動態学を学習するうえで、十分な知識・技能の修得が必要な「薬物体内動態の速度論的解析」、「薬物タンパク結合と影響因子」、「薬物代謝と影響因子」について、実習を通して学ぶ。
本授業はCP②およびDP②、③に該当する。(科目ナンバリングコード:PP31530) 
サブタイトル
薬物動態の解析に必要な知識・技能を学ぶ。 
到達目標
「薬物血中濃度-時間推移」、「薬物タンパク結合と影響因子」、「薬物代謝と影響因子」について、薬物速度論的な解析を行うことができる。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 実習の意義・学習内容・心構え  実習の目的、実験手技、定量操作、薬物速度論的解析法に関する講義、ならびに実習に当たっての心構えと注意 
2. 薬物血中濃度‐時間推移(1)  薬物の血中濃度を測定し、その時間推移から、薬物速度論的パラメータを算出する。また、薬物血中濃度-時間推移を、コンピュータを用いてシミュレートする。[E4(2)①-1, E4(2)①-2, E4(2)①-5] 
3. 薬物血中濃度‐時間推移(2)  ポピュレーションファーマコキネティクスを応用した薬物血漿中濃度のシミュレーションと投与計画の立案
[E4(2)②-3] 
4. タンパク結合  血清アルブミンに対する薬物の結合率(タンパク結合率)を測定し、薬物速度論的に解析する。
[E4(1)③-2, E4(1)③-3] 
5. 薬物代謝  肝ミクロソームにおける薬物代謝反応、および薬物代謝反応に及ぼす阻害薬の影響について、薬物速度論的に解析する。
[E4(1)④-3, E4(1)③-5] 
6. まとめ  未知濃度のタンパク質を定量する実技試験を実施する。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 薬剤学実習書  薬剤学研究室編   
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 薬物動態学 第2版  栄田敏之 他 編集  廣川書店 
2. 薬剤師のための常用医薬品情報集  辻 彰・総編集  廣川書店 
授業方法の形式
実習 
成績評価方法及び評価基準
実習態度:予習状況や身だしなみ、グループにおける実験における意欲・関心・態度などをチェックリストに従って評価する[20%]
実技試験:未知濃度のタンパク質濃度の定量操作を技能試験として評価する[40%]
実習レポート:授業計画2-5の項目について実験データの取り扱いを評価する[20%]
筆記試験:授業計画2-5の項目で修得すべき知識を評価する[20%]
上記の4項目の評価が、いずれも配分点の6割以上得られた場合を合格とし、最終評価点は各配分点の合計とする。なお、2/3以上の出席がない場合は欠格とする。
最終日は学生に技能・態度の観点からよかったこと悪かったことについて教員からフィードバックをする。 
受講生へのメッセージ
将来医療現場で活躍するために必要な実習である。
関連科目としては、 薬物動態学1・2、薬物投与設計が挙げられる。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2019/12/25 17:21


PAGE TOP