シラバス参照

科目名 薬学英語2 
担当者氏名

原田 健一

全開講対象学科 薬学部(6年)薬学科
年次 3年次 
クラス  
講義学期 後期 
単位数 1.5 
必選区分 必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門薬学教育部門-基幹科目群 
備考  



準備学習・事後学習
毎回、講義時間の1.6倍以上の自学自習をすること。
Rebuck: Read the handouts that I will give you each lesson. For homework, do the questions that I have set for you. Some of these questions will appear in the final exam. So, by doing the questions you "kill two birds with one stone": you learn useful information for pharmacy and you also prepare for the final exam.
原田:3回分の要旨をポートフォリオに掲載するので、しっかり予習をすること。
奥田:講義11-13に関する資料を予め配布しますので予習して下さい。各回の講義の終わりにレポート(要旨作成、3回の講義で完成)に取り組んでもらいますので、しっかりと予習・復習に励んで下さい。 
履修上の留意
Rebuck: My part of the course includes activities to improve your communication. Please participate actively in the class by joining in with pair work and asking questions.
原田:今回学習する内容はかなり高度であるので、単なる英訳ではなく科学をしっかり考えることが求められている。
奥田:最新の医学・薬学情報を得るためには、適当な学術雑誌(英語論文)を探し出し、読み解くことが必要不可欠です。この講義を通じて、学術雑誌に慣れ親しみましょう。 
授業の概要と目的
This course is about communication, both spoken and written. The aims of the course are to:
1. learn some communication strategies to use when talking to patients.
2. practice questions used in patient counseling
3. practice reading patient case-studies and get used to case-study abbreviations.
4. become familiar with the basic structure of a scientific journal article.
5. To read, analyze, and understand, actual journal articles from different fields.(科目ナンバリングコード:PP31238)
本授業はCP②およびDP①に該当する 
サブタイトル
到達目標
By the end of this course you will be familiar with
1. the kind of dialogues you can expect when interacting with an English speaking patient
2. the format of pharmacy case studies
3. reading academic journals 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. Course orientation: Explanation of the course
Explanation of the final exam 
Each teacher will outline the content of their lessons, and they will also talk about what students need to study for the final exam.
Following the orientation, Rebuck will start lesson 1:
Communicating in the pharmacy:
stomach pain 
2. Allergies and their treatment.
Communicating with patients in the pharmacy 
Simple dialogues in the pharmacy. You will learn several strategies for communicating in English in the pharmacy
Medical focus: allergies and their treatment 
3. Pain: overview
Communicating with patients in the pharmacy 
Simple dialogues in the pharmacy. You will learn several strategies for communicating in English in the pharmacy
Asking questions to find out about pain. 
4. Drug interactions
Communicating with patients in the pharmacy 
Simple dialogues in the pharmacy. You will learn several strategies for communicating in English in the pharmacy
Medical focus: Different types of drug interaction. 
5. Smoking  The harms of smoking. Smoking bans around the world. 
6. Smoking  Smoking cessation medication.
The pharmacology of nicotine. 
7. Reading case studies  We will look at an example of a case study and answer questions on it.
Medical focus: asthma 
8. 原田
学術雑誌を読もう(1) 
MRSAに有効な抗生物質をテーマにした論文の要旨(abstract)を読みます。 
9. 原田
学術雑誌を読もう(2) 
耐性菌問題を解決する新たな方法論に関する論文の要旨(abstract)を読みます。 
10. 原田
学術雑誌を読もう(3) 
海洋生物からHIV阻害剤の単離と構造決定に関する論文の要旨(abstract)を読みます。 
11. 奥田
学術雑誌の構成を知ろう(1) 
学術雑誌の主な構成について紹介するとともに、序論(Introduction)、図表(Figures and Tables)の中で頻用される英単語・英語表現について例文を基に学習し、その部分の要旨作成に取り組みます。 
12. 奥田
学術雑誌の構成を知ろう(2) 
材料・方法(Materials and Methods)、結果(Results)の中で頻用される英単語・英語表現について例文を基に学習し、その部分の要旨作成に取り組みます。 
13. 奥田
学術雑誌の構成を知ろう(3) 
考察(Discussion)、結論(Conclusions)の中で頻用される英単語・英語表現について例文を基に学習し、その部分の要旨作成に取り組みます。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 教科書はありません。Class handouts will be provided     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
授業方法の形式
演習、Rebuckの授業では会話の練習もあります 
成績評価方法及び評価基準
3分の2以上の出席がない場合は欠格とする。
Rebuck: 定期試験(50%)
原田:定期試験(25%)
奥田:レポート(25%) 
受講生へのメッセージ
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2020/03/03 20:50


PAGE TOP