シラバス参照

科目名 薬理・病態6 
担当者氏名

小森 由美子

全開講対象学科 薬学部(6年)薬学科
年次 3年次 
クラス  
講義学期 後期 
単位数 1.5 
必選区分 必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門薬学教育部門-基幹科目群 
備考  



準備学習・事後学習
本科目は2年、3年の前期で履修した「微生物学」「免疫学」「微生物学実習」「感染予防学」の知識の上に成り立つものである。 これら科目で学習した内容を随時復習しながら学んでいくことが必要である。 Webclassを通じて配布するプリントや資料は、講義前にダウンロードして目を通すことによって予習しておくこと。 また授業後速やかに練習問題を解き、疑問点は早めに質問で解消すること。準備・事後学習は、毎回講義時間の1.6倍以上の学習を行うこと。 
履修上の留意
講義の詳細シラバスは、初回講義前にWebclass を通じて配布する。またWebclass を通じて毎回「講義資料」だけでなく「参考資料」その他を配布するので、Webclassの利用方法に習熟しておくこと。 また講義終了時や指定したメールアドレス宛の質問は随時受け付ける。 受講者全員に回答を周知した方が良いと判断した場合は、Webclassに内容を掲示するので、随時確認すること。 
授業の概要と目的
医療技術の進歩にもかかわらず、院内感染症や様々な新興・再興感染症が蔓延している現代は感染症の新世紀ともいえる。 また感染を受ける宿主側の状態も、高齢者や癌患者、糖尿病患者など易感染患者の増加に伴い、大きく変化している。 医療現場では多種多様な病原微生物により、身体の様々な臓器・組織で起こる感染症に対して、迅速かつ適切な治療を行う必要があるが、そのためには感染症における「原因微生物」、「症状」、「治療薬とその使用法、副作用」と「薬剤耐性菌」などについて正しい知識をもっていることが必須となる。本科目ではこれらについて学習する。
本授業はCP②およびDP②、③に該当する(科目ナンバリングコード:PP31524) 
サブタイトル
感染症とたたかう 
到達目標
医療現場における感染症治療薬の選択と適切な使用方法について、各種ガイドラインや添付文書を確認、理解できるようにする。 また将来的にはこの知識を他の医療スタッフに説明でき、患者に対しても適切な服薬指導ができることを目標とする。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 総論
[E1(2)②7, E2(7)①1] 
講義の概要,
感染症に関する諸問題,
微生物の病原性と感染,
感染症における臨床検査 
2. 感染症の化学療法,抗菌薬の分類と作用機序
[E2(7)①1, E2(7)②1, ] 
細菌の化学療法 
3. 抗菌薬の副作用,薬物動態,適正使用, 薬剤耐性菌
[E2(7)①1, E2(7)②1, ③9] 
抗菌薬を患者に投与する際に考慮すべき事項,
感染症治療において薬剤師が果たすべき役割
耐性菌出現予防のためには,どのように薬剤を使用するか 
4. 呼吸器感染症(1)
[E2(7)③1] 
呼吸器感染症の原因微生物と治療 
5. 呼吸器感染症(2)
[E2(7)③1] 
呼吸器感染症の原因微生物と治療 
6. 消化器感染症(1)
[D1(3)③1, E2(7)③2] 
腸管感染症の原因微生物と治療 
7. 消化器感染症(2)
[D1(3)③1, E2(7)③2、E2(7)⑥2] 
食中毒の原因微生物と治療 
8. その他の重要な感染症
[E2(6)②2, E2(7)③3,6,7,8,10] 
敗血症,
耳鼻咽喉科関連の感染症など 
9. 尿路感染症と性行為感染症
[D1(2)②3,④2, E2(7)③4,5] 
尿路感染症と性行為感染症の疫学,
原因微生物の分類,治療と予防 
10. 人畜共通感染症と節足動物媒介性感染症
[E2(7)⑥] 
人畜共通感染症の疫学,原因微生物の分類,治療と予防 
11. ウイルス感染症(1)
[E2(4)②3, E2(7)④] 
ウイルス性肝炎,
インフルエンザ,AIDS,
ヘルペス感染症の病態と治療 
12. ウイルス感染症(2)
[E2(4)②3, E2(7)④] 
ウイルス性肝炎,
インフルエンザ,AIDS,
ヘルペス感染症の病態と治療 
13. 真菌感染症
[E2(6)③2, E2(7)③7, ⑤] 
アスペルギルス,カンジダ感染症などの病態と治療 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 薬学生・薬剤師レジデントのための感染症学・抗菌薬治療テキスト  仁木芳人 監修  株式会社 じほう 
2. 新しい微生物学 第5版  大野 直仁 他編  廣川書店 
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 感染症の診断・治療ガイドライン  日本医師会 編  医学書院 
2. 感染症と抗生物質の使い方  斉藤 厚 編  文光堂 
3. 最新抗菌薬療法マニュアル  渡辺 彰 編  新興医学出版社 
授業方法の形式
講義 
成績評価方法及び評価基準
定期試験の結果を100%として評価する。出席回数が3分の2に満たない場合は欠格となるが、出席状況は減点要素とはしない。 
定期(追再)試験の講評は、WebClass、および当該期の授業改善アンケート授業科目別報告書の教員のコメント欄に明記する。」 
受講生へのメッセージ
本科目は3年間の学習の成果を統合した知識の上に成り立つものであるから、基礎的な部分が欠如していると理解することが困難となる。 毎時間講義の要点を概説したプリントを配布するので、講義中や家庭での学習でこれを活用し、疑問点があればなるべく早く質問して理解を深めてほしい。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2020/03/05 11:11


PAGE TOP