シラバス参照

科目名 生物系応用実習(薬理1) 
担当者氏名

川村 智子

平松 正行

衣斐 大祐

間宮 隆吉

教員未確定

柳澤 聖

全開講対象学科 薬学部(6年)薬学科
年次 3年次 
クラス  
講義学期 前期 
単位数 0.5 
必選区分 必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門薬学教育部門-実習科目群 
備考  



準備学習・事後学習
薬の効くプロセスや身体の病的変化を理解するために、中枢神経系、循環器系、呼吸器系など基本的な生体機能を分子レベルで理解しておく。薬物投与による人体への作用を復習しておく。毎回、実習時間の半分の自学自習(予習・復習)が必要である。 
履修上の留意
薬理学実習ではマウスなどの動物実験を行うため、動物アレルギーのある場合は事前に申し出ること。実験動物を扱う上で倫理について配慮が必要である。実験を行うにあたり「薬の作用」、「薬理・病態」の履修が必要である。実験動物への薬物投与では事前に作用機序を十分調べて実験に臨まなければならない。プレテストに備えて使用薬物の一覧表を作成しておくこと。 
授業の概要と目的
実験動物を適正に扱い、薬物を適切に投与する。薬物の作用機序を理解して薬効評価を行う。4名または8名のグループワーク。本授業はCP②およびDP②、③に該当する。(科目ナンバリングコード:PP31511) 
サブタイトル
動物実験で薬物の作用・効果を測定する。 
到達目標
実験動物を適切に取り扱い、代表的な投与方法を実施できる。薬物の効果を適切に評価できる。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 薬の効き方1
泌尿器系に作用する薬 
適正に実験動物を取り扱い、薬物投与する。
利尿薬の作用・効果を動物実験で測定する。プレテストを行う。
[E1(1)②-1,E1(1)②-2,E1(1)②-3,E2(3)②-1,E1(1)①-1] 
2. 薬の効き方2
知覚神経・運動神経系に作用する薬 
局所麻酔薬の作用・効果を動物実験で測定する。
[E2(1)②-3,E2(1)②-1,E2(1)②-2,E1(1)①-3] 
3. 薬の効き方3
中枢神経系に作用する薬1 
中枢神経興奮薬の作用・効果を動物実験で測定する。薬物の併用による拮抗作用を確認する。
[E2(1)③-12,E2(1)③-3,E1(1)①-2,E1(1)①-4] 
4. 薬の効き方4
中枢神経系に作用する薬2 
中枢神経抑制薬の作用・効果を動物実験で測定する。薬物の併用による増強作用を確認する。
[E2(1)③-12,E2(1)③-1,E1(1)①-1,E1(1)①-2,E1(1)①-3] 
5. 薬の効き方5
鎮痛薬の薬効測定 
鎮痛薬の作用・効果を動物実験で測定する。
薬効の統計学的評価を行う。
[E2(1)②-3,E2(1)③-2,E2(1)③-12,E3(1)⑤-5] 
6. 薬の効き方6
代謝系に作用する薬
生体の基本的な構造と機能
総括と試験 
インスリンによる血糖低下作用を動物実験で測定する。マウスを解剖し、臓器の配置・形態を観察する。ポストテストを行う。
確認試験
[E1(1)②-3,E1(1)①-4,E1(1)①-3,C7(1)③-3] 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 生物系応用実習(薬理学1)実習テキスト  実習担当者   
2. みてわかる薬学 図解薬理学  鍋島俊隆、井上和秀 編  南山堂 
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. NEW薬理学  田中、加藤、成宮 編  南江堂 
2. スタンダード薬学シリーズ4 生物系薬学 生命をミクロニ理解する  日本薬学会編  東京化学同人 
3. 薬がみえる 1, 2, 3    MEDIC MEDIA 
授業方法の形式
実験実習 
成績評価方法及び評価基準
態度:実験への取り組み姿勢(20%)と口頭試問(10%)、実験レポート(20%)、技能に関する確認試験(50%)により評価する。レポートはコメントをつけて返却する。出席は加点要素とはしない。授業回数の2/3以上の出席がない場合は欠格とする。 
受講生へのメッセージ
実験動物の取扱いには十分注意する。薬物の作用機序を理解する必要がある。
薬理学の考え方をマスターして、臨床との関連に気付いてほしい。
[関連科目:薬の作用,薬物動態学I,薬物動態学II,薬理・病態1,薬理・病態2] 
参考URL
1. 「薬効の評価」実習 過去の実習資料 
画像
ファイル
更新日時 2020/07/03 11:04


PAGE TOP